元若ノ鵬が釈放会見、日本語で謝罪という記事より。

大麻取締法違反(所持)容疑で警視庁に逮捕された大相撲の元幕内若ノ鵬のガグロエフ・ソスラン容疑者(20)=ロシア=について、東京地検は拘置期限の8日、公判請求せずに釈放した。

大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕されていた、元若ノ鵬が釈放されました。

司法記者クラブで会見し「日本の皆さん、すみませんでした。許してください」とたどたどしい日本語で謝罪したということです。

黒の羽織にはかまを着けていたが、見慣れたまげはなく、長髪を後頭部で束ねただけ。

大麻に相次いで力士が3人も解雇となった訳ですが、元若ノ鵬は他の二人について「2人はまじめな力士。信じられない。(一緒に大麻を使用したことは)ありません」と語ったということです。

元若ノ鵬が角界復帰熱望「まじめにやります。許してください」という記事によれば「どうしても相撲に戻りたいです。やらせてください」と、復帰を熱望したということです。

給与制度とは? || みんなの知恵蔵によれば、幕内力士の月給は130万9000円とのこと。

■関連記事

大麻所持、元若ノ鵬を釈放…東京地検は公判請求せず

初犯で、犯行時は19歳の未成年だったことから起訴猶予処分となる見通し。