北の湖理事長が辞任 大麻問題で引責という記事より。

日本相撲協会の北の湖理事長(55)=元横綱、本名小畑敏満=が一連の大麻問題の責任を取って8日の緊急理事会で辞任した。関係筋が明らかにした。

これまで問題があっても辞任しなかった日本相撲協会の北の湖理事長が、大麻問題でついに引責辞任しています。理事長が任期途中で引責辞任するのは初めてのことだそうです。

尿検査で大麻に陽性反応を示したロシア出身の幕内露鵬(28)と十両白露山(26)のうち、白露山が北の湖部屋の所属で、理事長の引責は避けられない情勢だった。

精密検査でも陽性反応が認められた露鵬と白露山について「本人たちが否定しているのだから違うところで検査してもらう」とか「(秋場所の出場も)構わない」などの発言を繰り広げてきたのですが、北の湖理事長退任求め親方衆がクーデターなどとも報じられ、辞任する以外に道がなくなってしまったみたいです。

内館牧子委員も「弟子は子供と言いますけど、情緒に流される時ではない」と言ってました。

追記:露鵬、白露山は解雇となっています。

■関連記事

大麻吸引は確定的 警視庁が付け人らも聴取へ

ロシア出身の幕内力士露鵬(28)と十両白露山(26)が専門の検査機関の検査で大麻の陽性反応を示したことを受け、警視庁は2人の大麻吸引は確定的との見方を固めている。

白露山「1000%吸ってない」提訴も…ロシア大使館に救済求める

2日の抜き打ち尿検査に続き、6日には精密検査でも陽性反応が出た。「最初の検査自体がおかしいと思っているので信じることはできないんです」と明言。不当検査を主張する理由は2日の簡易検査に疑問を抱いているためだ。

石井 北の湖理事長は「てんぐになってる」

ワイドショーのインタビューでは、角界を揺るがす大麻疑惑に対し「スポーツをやっていると凄いプレッシャーとか、凄く苦しいことがあるんで。それ(大麻)を吸っていたとしても一概に責めてはいけないと思う」と擁護発言。