伊調馨「この大会が最後」と再び引退表明という記事より。

レスリング女子63キロ級で2連覇を成し遂げた伊調馨(24=綜合警備保障)が現役引退の意向をあらためて表明した。

結婚を示唆しつつ引退表明している伊調千春を追うように、妹の伊調馨も引退を表明しています。

「(姉の)千春が辞めると目標がないので、この大会が最後になるんじゃないかと思う」ということで、お姉ちゃん子なんですね。

ロンドンでは3連覇がかかる訳ですが、本人の気持ちは大きいでしょうから、果たして周囲は翻意させることができるのでしょうか。

「伊調姉妹」は引退 でも馨は現役続行もという記事もあります。

「甘えん坊」という馨も追随したい気持ちはあったが、周囲の期待の高さも分かっている。ロンドン五輪で日本初となる女子3連覇への挑戦権を持つのは吉田と2人だけ。

いやー、これは大変ですね。4年は長いしなぁ。でも結婚した伊調千春がサポートに回ることだって考えられますが。

「2人のきずなは周囲に分からないくらい深い。ただ、レスリングは1人で戦うもの。そろそろ1人で戦ってもいいのでは」

コーチは独り立ちを勧めています。どうなりますか。きっと自分の意志ではなく、お姉ちゃんが大好きで、お姉ちゃんがやっているから続けてきたのでしょうね、レスリング。

お姉さんにはプレッシャーですな。焦らずにじっくり考えて良いと思います。

アテネでつかむ金メダル―中京女子大レスリング部からアテネ五輪へ飛ぶ三人

アテネでつかむ金メダル―中京女子大レスリング部からアテネ五輪へ飛ぶ三人

■関連記事

伊調姉妹、そろって引退を表明

馨「千春がやめて自分1人だと何を目標にしていいのか…。この大会が最後になると思う」