電通営業マンがK-1合格デビュー目指すという記事より。

K-1を主催するFEGのトライアウトが2日、都内のジムで行われ、準合格者6人を含む43人が合格した。そのうちの1人、空手の正道会館軽量級王者の大渡博之(31)は、大手広告会社・電通の営業マン。

「K-1」のトライアウトが行われ、電通営業マンが合格しています。

合格したのは電通の大渡博之氏です。電通の営業マンとはいっても、正道会館軽量級王者なのだそうです。強すぎる、電通営業マン。

空手歴は12年で、正道会館の大会では軽量級日本王者に4度輝いた実績を持つ大渡は「通っちゃいましたね…」と期待とも戸惑いとも取れる複雑な笑みを見せた。

ものすごい経歴です。仕事が猛烈に忙しすぎて、道場にもなかなか通えず、昼休みに同僚を相手にミット打ちしているほどだそうです。

しかし「選ばれた以上は精いっぱい頑張りたい」とも。実際にリングに上がるのが楽しみですね。

YouTubeに動画がありました。

男前です。

角田信朗ウェブサイトの日記にも名前が出てきます。

早稲田大学卒業後この電通に入社した大渡博之は、毎日22時過ぎまで激務をこなしながら、道場の鍵を預かって深夜近くにたった一人で稽古に赴くという。

ますますリングに上がるのが楽しみです。

■関連記事

83人中36人合格 K―1トライアウト

日本人選手の育成と発掘を目指す「トライアウト」が東京都内で行われた。ヘビー、ミドル、ユースなどのカテゴリーに計83人が受験し、36人が合格。お笑いタレントのKICK☆は準合格者扱いだった。