【柔道】魅力なくす「効果」廃止へ…北京五輪で採用の可能性という記事より。

国際柔道連盟(IJF)が、一本勝ちを増やすために「効果」のポイントを廃止する方針であることが13日、明らかになった。

柔道には「一本」「技あり」「有効」「効果」とありますが、ポイント狙いで「効果」を狙う選手が増え、柔道本来の魅力を欠くとして「効果」を廃止する方針が打ち出されているそうです。

早ければ北京五輪で採用される可能性もあると、記事では伝えています。

IJFルールは投げ技の場合「強さと速さをもって背中が大きく畳につくように投げたとき」を「一本」と定義。「一本」の条件のうち1つが欠けた場合を「技あり」、2つが欠けた場合を「有効」、片方の肩や尻などを畳につくように投げたときを「効果」と順に定めている

確かに効果狙いだと、観戦している方も面白みがありませんね。K-1でKOシーンが求められるように、やはり柔道の魅力というのは「一本」なのではないかと思います。

■関連記事

「効果」廃止は効果あり?!

IJFは、ほかにも組み手で組むことなく、いきなり下半身を攻撃することに反則を与えるなどの変更案を検討している。