スポンサードリンク

【松屋】豚と牛がレギュラー争い!「豚ビビン丼」食べてみた

スポンサードリンク

松屋 豚ビビン丼

牛丼屋では牛丼を食べればいいじゃないと思っている派だったため、長く松屋のレギュラーメニューとして君臨していたらしい「豚ビビン丼」を食べるのは今回が初となります。

というか、メニューに存在していたことすら知りませんでしたが、これは美味いじゃないか!

スミマセン、ビビン丼をなめてました。

スポンサードリンク

「豚ビビン丼」と「牛ビビン丼」が対決中!

「豚ビビン丼」は「平成のロングセラー」なのだそうです。豚肉をメインとし、根菜きんぴら、キムチと一緒に鉄板で炒め、コチュジャンの風味が効いた甘辛タレが決め手のメニューです。

松屋 豚ビビン丼 1

2019年5月7日より松屋「ビビン丼」対決が開催されており「豚ビビン丼」と「牛ビビン丼」がレギュラーメニューを賭けて争っています。

豚ビビン丼」と「牛ビビン丼」の2種類の「ビビン丼」を、松屋全店で販売店舗を分けて発売し、対決期間中販売数の多かった「ビビン丼」を2019年秋以降にレギュラー化することを検討しているそうで、これは豚も牛も負けられない戦いです!

ちなみに取り扱いはウェブサイトで調べられます。

>>「豚ビビン丼」取扱店

>>「牛ビビン丼」取扱店

【松屋】「豚ビビン丼」食べてみた感想

松屋 豚ビビン丼 2

スプーン付きです。松屋らしく味噌汁もセットです。

店内は混雑していなかったのですが、出てくるまで少し時間がかかったんです(牛丼と比べると)。鉄板で炒めているということなのですが、店内で調理しているんですかね?

松屋 豚ビビン丼 3

後から説明を読んで分かったのですが、根菜が入っているのはきんぴらだったんですね! 海苔に隠れていますが、そこには温玉がいます。

松屋 豚ビビン丼 4

軽く豚肉、根菜きんぴら、キムチに温玉を混ぜて頂くと‥‥あ、なかなか美味い! キムチは辛いというほどではなく、どちらかというと酸味を足している感じ?

酸味のある豚キムチに歯ごたえのある根菜きんぴら、そして青ネギが良いアクセントになって、これは美味い。ロングセラーになっていたというのも頷けます。

これはぜひともリピートしたいな!

ごちそうさま!!!!

豚ビビン丼の価格

並盛:490円
大盛:590円

豚ビビン丼のカロリーと炭水化物

カロリー:809kcal
炭水化物:108.5g

「牛ビビン丼」も美味そうだ

ちなみに「牛ビビン丼」は牛肉をメインとし、小松菜ナムル、根菜きんぴらのシャキシャキとした歯ごたえがお楽しみいただけるメニュー‥‥って、こっちも美味しそうじゃないか〜。ナムル、いいな。

キムチの匂いが気になるから「牛ビビン丼」の方がいいという人もいるかもしれませんね。

公平な判断を下すために「牛ビビン丼」も食べてみなくては!

牛ビビン丼の価格

並盛:550円
大盛:610円

牛ビビン丼のカロリーと炭水化物

カロリー:818kcal
炭水化物:113.1g

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

「名店が認めた本格style 篝 鶏白湯Soba」鶏の旨味たっぷりで美味いのだ

次へ

【PayPay】「第2弾100億円キャンペーン」を2019年5月13日で終了