スポンサードリンク

訪日観光客に対応する完全キャッシュレス店舗「大江戸てんや」浅草にオープン

スポンサードリンク

訪日観光客に対応する完全キャッシュレス店舗「大江戸てんや」浅草にオープン

「天丼てんや」が、2018年10月2日に訪日外国人客が9割を占める浅草雷門店を、完全キャッシュレスのセルフタイプ型店舗「大江戸てんや」としてオープンします。

スポンサードリンク

4ヶ国語(英語、中国語、韓国語、日本語)に対応する多言語タブレットで注文を受け、支払いの完全キャッシュレス化によって、オーダー管理とレジ締め精算が不要になり管理業務が軽減されるとしています。

訪日観光客に対応する完全キャッシュレス店舗「大江戸てんや」浅草にオープン

「大江戸てんや」の元店舗である「天丼てんや 浅草雷門店」では、訪日外国人客が約9割を占め、現金以外の決済の要望が多かったことから、支払いをクレジットカード、電子マネー、中国モバイル決済の完全キャッシュレス化することにしたそうです。

1割のために人件費をかけるよりは、完全にキャッシュレス化して他のところにコストをかけようということですね。

訪日観光客に対応する完全キャッシュレス店舗「大江戸てんや」浅草にオープン

メニューは松・竹・梅の天丼と野菜天丼などに加え、江戸時代に一般的だった串天スタイルの天ぷら(テイクアウト専用)など、分かりやすく選びやすいメニューとなっています。

串天ぷらで買い食いスタイルにも対応しているのがユニークです。

Free Wi-Fi「FON」も導入されています。

訪日観光客に対応する完全キャッシュレス店舗「大江戸てんや」浅草にオープン

「大江戸てんや」が対応する決済方法は以下の通りです。

クレジットカード:
Visa、Mastercard、JCB、AMERICAN EXPRESS、Diners Club、
DISCOVER、銀聯

電子マネー:
Suica、PASMO、TOICA 、ICOCA 、Kitaca、manaca、SUGOCA、nimoca、はやかけん、楽天 Edy、iD、QUICPay 、WAON 、nanaco

モバイル決済:
アリペイ、ウィーチャットペイ

※楽天Pay、LINEPay など国内モバイル決済も順次導入予定

「てんや」海老天の食品サンプルとリアル海老天を見比べながら天ぷら呑みしたら1人1,200円でしたという記事も書いており2年前に訪問しているのですが、そこまで訪日観光客が多い印象はなかったのですが、客層も大きく変わったのでしょうね。

「大江戸てんや 浅草雷門店」概要

所在地:東京都台東区雷門2-18−15 TSビル1F
最寄り駅:東京メトロ銀座線、東武伊勢崎線、都営地下鉄浅草線「浅草駅」から徒歩2分
オープン日:2018年10月2日 10時
営業時間:10時~21時(ラストオーダー20時40分)(予定)
店舗面積:22.75坪
席数:30 席

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

普通免許で乗れる三輪電動バイク「JACKBIKE Q-1」

次へ

“いらすとや”のイラストVTuber「いらすとキャスター」