2015 07 31 1028

月一くらいで回転寿司を利用しています。もっぱら「くら寿司」です。なぜなら、予約ができるから。そんな「くら寿司」にカレーが登場しています。寿司屋なのにカレー!? シャリに酢飯を使用した「すしやのシャリカレー」だそうです。くら寿司の本気!「酢飯のカレー」が辛いのに酸っぱさわやかだったという記事になっていました。

香りは、カレーのスパイシーな香りと酢飯の酢っぱ甘い香りがむっと交ざっていす。 「なんか普通のカレーと違うぞ!」というのは香りをかいだ時点でもわかりますよ!

これまでにもラーメンや天丼を販売していますから、カレーが出てきても不思議ではないのですが、例えばラーメンなら魚介系とか、天丼もやっぱり魚介系とか、そういう寿司との繋がりがあったと思うのですが、カレーでは強引にライスを酢飯にするというワザに出てしまったようです。

開発当初は、寿司屋らしく魚介を使おうという案もあったそうですが、「シャリに合う」ことをテーマに押し出したため、魚介に取らわれず、シャリに合う味を追求したということ。

やっぱりシーフードカレーというアイデアもあったんだ。でも、あえてシーフードにせずに、酢飯に合うカレーが選択されたそうです。しかも、開発期間は2年。どんな試行錯誤があったんでしょうか。

何度も「くら寿司」に行ってますが、ラーメンも天丼も食べたことなかったんですよねぇ。だって、寿司屋ですよ。回転してますけど。でも「カレーにガリも悪くない組み合わせです」というのを読んで、ちょっと「すしやのシャリカレー」が食べたくなってきてしまいました。

次回は食べてみるかな‥‥。