スポンサードリンク

iOS版Facebookアプリ「チャットヘッド(Chat Heads)」機能が利用可能に

スポンサードリンク

Facebook chathead 9600

iOS版のFacebookアプリがアップデートし「チャットヘッド(Chat Heads)」機能が利用可能になりました。「チャットヘッド」とは、タイムラインの上部にアイコンと共にチャットが表示される機能です。

スポンサードリンク

友人からメッセージが届くと「チャットヘッド」がフローティングし、メッセージにダイレクトにアクセスすることが可能です。

Facebook chathead 9601

Facebookアプリ使用時の、メッセージへのアクセスが超簡単になりました。素軽く利用できるので、これからわざわざFacebookメッセンジャーアプリを使わずとも、Facebookアプリに統一しても良いかと思いました。

また、LINEのスタンプのような「Sticker」という機能も追加されています。

Facebook chathead 9603

「Sticker」に関しては、既に利用できるユーザとそうでないユーザがいるようです。ぼくのところでは「Sticker」は利用できませんでした。

Facebook chathead 9602

メッセージ一覧へのアクセスも簡単です。

Facebook chathead 9605

「チャットヘッド」を消すには、アイコンをドラッグして画面下部に現れる「x」でドロップすればOKです。また「チャットヘッド」はドラッグして場所を移動することも可能です。

ニュースフィードも、すっきりと見やすくなりました。

Facebook App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
価格: 無料

スポンサードリンク

前へ

Adobe「Lightroom 5」6月末まで無償で使えるパブリックベータ版を公開

次へ

マクドナルドで「チーズてりたまバーガー」を食す!チキンナゲットの梅ソースも美味し