2010-02-08_1625.png

Evernote」CEOであるフィル・リービン氏のインタビュー記事がありました。クラウドの勝ち組・Evernote CEOが語る! 「“つながる”機能は売りにしない」です。

2009年10月にフィル・リービン氏が来日し、会食会にお声掛け頂きました。その際にも、日本からのユーザがアメリカに次ぐ多さだという話をお聞きしました。

そのため、日本語版のローカライズにも、かなり力が入っていたようです。

「Evernote」CEOと会食して日本語化の話を聞いた!
Evernote日本語ローカライズは2010年第2四半期!
Evernote、画像の日本語認識デモに成功!

ということで、日本語版ローカライズが着々と進む「Evernote」CEOインタビューで、日本のユーザ像が興味深かったのでご紹介です。

エバーノートのユーザーは毎日約8000人のペースで増えているが、このうち実に1200人程度を日本からのユーザーが占めている。エバーノートはまだ完全には日本語化していないにもかかわらず、これだけのユーザーを抱えており、ユーザーコミュニティも活発だ。

ワールドワイドのユーザは約200万人で、その中で日本からの利用者は約15万人だそうです。日本語化される前から活発に使っている人たちがいたのですが、その理由とは?

個々のユーザーにフォーカスし、他人とつながる機能をあまり売りにしていないことが、日本人に響いたようだ。フェースブックが日本でさほど普及していないように、過度にオープンだったり、人間関係の重要性が高かったりすると、日本人には受け入れられにくいように思う。

なるほど、過度に共有が売りになっていなかったから、だと。確かにクローズドなSNSが流行するなど、いきなりオープンというのは抵抗があるのかもしれません。

さらに日本のユーザの使い方の特徴も。

ノートの作成回数が多く、とてもアクティブだね。PDFなどのビジネス文書も多い。マックやiPhoneなど、複数の機器で使うユーザーが多いのも特徴だろう。

「日本でのiPhoneの普及は、エバーノートユーザーの増加のペースにも影響を与えている」という指摘もされているのですが、まさにぼくもそういう使い方をしている一人と言えます。

「エバーノートでは、有料から無料へのダウングレードもできるようにしている」という話もあるのですが、必要に応じて無料/有料を気軽に使い分けられるというのは、確かに魅力かもしれません。

また、

同じクラウド型のサービスである「Dropbox(ドロップボックス)」とも、一緒に何かができないか相談しているんだ。

という話があり、どちらも愛用しているユーザとしては非常に気になるところです。

//////

2010年3月5日に「Evernote」の本を出版することになりました。日本語化されたら使ってみよう、という人にはぜひ手に取って頂けると嬉しいです。

できるポケット+ Evernote (単行本(ソフトカバー))

4844328271

■関連エントリー

ウェブや写真をクリップして検索できる「Evernote」がヤバそう
クリップしまくりに期待高まる「Evernote」Mac版リリース
iPhoneのメモ・写真・音声をMac/Winと同期する「Evernote」
「Evernote」ScanSnapでガンガン紙のデータを取り込んだら幸せになれそうだ
「Evernote」との連携でScanSnapを買わない理由がなくなった!
TwitterのつぶやきがEvernoteと連携可能に
「iPhone」印刷時にPDFの保存先をEvernoteにすると書類の持ち運びに便利
「JotNot」iPhoneをスキャナにするアプリ(Evernote転送可)
「iPhone」を心地よいデジカメとして使う
ネタフル式リアルタイム・ブログ更新術
「Evernote」にドコモキャピタルが出資
「Evernote」ノートブックの共有が可能に!
「Evernote」日本語版サイトのプレビューが開始
Evernote日本語ローカライズは2010年第2四半期!
「Evernote」CEOと会食して日本語化の話を聞いた!
Evernote、画像の日本語認識デモに成功!
「ScanSnap S1300」Macで使うレポート vol.2 A4書類をスキャン
「ScanSnap S1300」Macで使うレポート vol.3 Evernoteと連携
「Evernote」で覚えておくと便利なキーボードショートカット