B00BXVR7VK

「EOS Kiss X7」のサイズ感というのは、本当に素晴らしいと思います。個人的には夢の一眼レフデジカメです。キヤノンEOS Kiss X7 持ち出したくなる小型ボディに基本性能を凝縮というレビュー記事があったのでご紹介です。

今回試用した「EOS Kiss X7」は、極限まで贅肉を削ぎ落とした超コンパクトなボディサイズを実現したほか、飛躍的に向上したライブビュー時のAFなど、ミラーレスカメラに真っ向対決するようなデジタル一眼レフに仕上がっている。

とりあえず何が素晴らしいって、小さいのが素晴らしいです。とれるカメラバッグに、どれだけカメラをインしない時期を過ごしたでしょうか。だって、一眼レフは重いんだもん。

やはりカメラは持ち歩いてナンボですからね。いかにいいカメラでも持ち歩かなかったら宝の持ち腐れってもんです。そこそこのカメラだって、持ち歩いた方がいいに決まってます。

持ち歩くにしても、レンズ交換したりとか、より良い写真が撮りたいとか、小さいヤツにわがままを言えるのが「EOS Kiss X7」という訳なのですよ、お客さ〜ん!!

これまでも最小、最軽量を謳うデジタル一眼レフは数多く出てきているが、本モデルはAPS-C機として圧倒的な小ささ、軽さなのである。

前に所有していた「EOS Kiss X3」だって小さい方だと思いますが、そんなに持ち歩きたいと思わなかったですからね。数百グラムの違いなのかもしれませんが、携行するものとしては差は大きいです。

しかしながらEOS Kiss X7は手にしっくりと馴染み、さらにグリップ自体の厚みが少ないためか、指が窮屈に感じられるようなことはなかった。グリップを握る指の関節がレンズの鏡筒に触れるようなことも皆無である。

個人的にも手は大きい方だと思いますが、持ちにくいと感じたことはありません。首下げのストラップではなくハンドストラップを取り付けて、サッとバッグから取り出せるようにしています。

ミラーレスモデルに対抗するためか、ライブビューでのAFが高速なのもEOS Kiss X7の特徴だ。イメージセンサーの画素の一部を用いた位相差方式のAFと、従来からのコントラスト方式のAFを組み合わせたハイブリッドAFを採用。

この記事を読んで「ライブビューAF」とか試していないことを思い出しました。試してみなくては!

気合いを入れて一眼レフを買ったものの、ふだん愛用しているバッグに入らなかったり、入っても重くかさばるため、結局は持ち出す機会が少ないという話を商売柄よく聞く。しかし今回ピックアップしたEOS Kiss X7ならばそのようなことは少なく、いつでもどこへでも気軽に連れ出していけるだろう。

いやはや、まさにこういうことだと思います。基本性能はしっかりと、さらに持ち歩く気にさせられる素晴らしい一眼レフカメラですね「EOS Kiss X7」は!

ナイス相棒!

ネタフルでは次のような記事も書いています。

時は来た!そろそろ「EOS Kiss X7」買おうと思います

「EOS Kiss X7」購入!ファーストインプレッション → Kiss Digitalを初めて手にした時の衝動が甦る!

「EOS Kiss X7」手持ちのレンズ6本を付けてみた!小さいボディに大きなレンズもカッコいい

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7 ボディー KISSX7-BODY
by カエレバ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7 EF-S18-55 IS STM レンズキット KISSX7-1855ISSTMLK
by カエレバ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7 ダブルズームキット KISSX7-WKIT
by カエレバ