2013 06 26 1532

イーモバイルがソフトバンクの子会社になったことの弊害(?)でしょうか。利用者にとっては寝耳に水と言いますか、ちょっと驚いています。今どきのサービスで“減速”ですからね。

LTEサービス 下り(受信時)最大75Mbps対応エリア拡大に伴う下り(受信時)最大42Mbps対応エリアの21Mbps化についてというお知らせがでていました。

イー・アクセス株式会社は、LTEサービスの下り(受信時)最大通信速度75Mbp対応エリアについて、2013年8月中旬より順次全国へ拡大してまいります。これに伴い3Gのサービスの下り(受信時)最大通信速度42Mbps対応エリアは、順次下り(受信時)最大通信速度21Mbps対応エリアへ切り替わります。

LTEのトラフィックが3Gを上回るような状況になり、今回の措置となったということです。

2013 06 26 1535

3Gサービスは継続して利用できるものの、より高速なLTEサービスへの乗換が案内されています。

イー・アクセス、強まるソフトバンク色 3G速度半減という記事にもなっていました。

同社は12年3月から、3Gの後継となるLTEサービスを始めているが、同社が保有する電波は上下各15MHz幅しかなく、大半の地域でLTEに上下各5MHz幅しか割り当てられていない。このためLTEの通信速度が、大半の地域で下り最大37.5Mbpsにとどまり、LTEの高速化を進める競合他社との差が開いていた。

周波数帯を3Gの割り当てを半分にすることで42Mbps → 21Mbps、そして減らした分をLTEに割り当てることで37.5Mbps → 75Mbpsとなるそうです。

イーモバイルのLTEは「iPhone 5」ユーザも利用しており、ソフトバンクが「iPhone 5」ユーザ向けのサービスを強化したいという意向もあるようです。

「とはいえ、携帯電話サービスで通信速度を半分に引き下げるという変更は異例」と記事にもありますが、ちょっと驚きですよね。しかも、実施は8月中旬ですから、期間もあまりありません。

ぼくは「iPhone 5」ユーザでもあるのでLTEで高速通信ができるエリアが広がるのは嬉しいのですが、急な“減速”の発表に驚いたのも事実です。

2013 06 26 1542

対象となる端末は4機種で、機種変更には次のような優遇があります。

・契約変更時に発生する契約解除料最大10,000円引き

・契約事務手数料3,150円を無料

ただし‥‥

2013 06 26 1544

契約期間が8ヶ月以上残っていると、契約解除料は10,000円引きではマイナスになってしまいます。これは困った話ですね。3Gで引き続き利用できるとはいえ、イーモバイルの都合ですからね。

ぼくは「GP02」なのですが、幸い契約残りは7ヶ月以下ですし、夏くらいにLTEに機種変更をしようと思っていたので願ったり叶ったりですが、購入して日が浅い人は困りますね。

とりあえず早めに機種変更しておくか、それとも8月に発売されるという新機種を待つか‥‥ちょっと比較検討しようと思います。詳しくはコチラより確認して下さい。