2010-12-15_1204.png

Android 2.2を搭載し、通話もできるWiFiルータ「Pocket WiFi S(S31HW)」がイーモバイルより発表されました。

WiFiルータにAndroid 2.2を搭載し、無線LAN機能を提供するだけでなく、通話やネットサーフィン、はたまたカメラ機能やGPSまで搭載された代物です。

なんというか、スマートフォンにテザリング機能が搭載されていると思えば良いとは思うのですが、そうなると既にスマートフォンを持っている人は手を出し辛いかも?

そういう意味で、WiFiルータのおまけとして様々な機能が搭載されている、というのは非常に面白いと思いました。

従来の「Pocket WiFi」と比較しても連続待ち受け時間が2.4倍の240時間に拡張されています(連続通信時間は約4時間)。これは嬉しいところですね。

2010-12-15_1210.png

購入時お支払い額が19,800円というのは「Pocket WiFi S(S31HW)」を購入し、例えば使っている「Pocket WiFi」のSIMカードを差し替えたりして使って良いのでしょうかね。

それだと、なかなかリーズナブルにAndroid端末が手に入ってしまって面白いのですが。

スペックはROM 512MB/RAM 256MB、2.8インチTFT液晶(240×320)、静電容量方式タッチスクリーン、320万画素CMOSなどとなっています。

サイズは約54.8×104×13.5mm、重量は電池パックを含んで105gです。

■関連記事

イー・モバイル、Android 2.2搭載で通話もできる「Pocket WiFi S」~価格は19,800円

Pocket WiFi以外の単体の機能としては、カメラやWebブラウズのほか、Gmail、YouTube、Googleマップ(内蔵GPS対応)といったサービスが標準で利用可能。さらに、Androidマーケットからアプリケーションをダウンロード/追加できる。このあたりは、通常のスマートフォンと同じ。また、SMS、そして電話としての音声通話もできる。

イー・モバイル、通話とWi-Fiルータ機能搭載Android端末「Pocket WiFi S」

ホーム画面の「Pocket WiFi ウィジェット」をワンタッチするだけでWi-Fiルータとして利用可能で、最大5台のWi-Fi対応機器をインターネットに接続することができる。

イー・モバイル、「Pocket WiFi S」発表

「Pocket WiFi S」の端末は、9月にドイツで開催された展示会「IFA Berlin 2010」で発表された、エントリー向けAndroid端末「IDEOS」がベースとなっている。製品ボディカラーはブラックの1色だが、バッテリー側のリアカバーが変更可能で、パッケージにはブルーとピンクの2種類が同梱される。標準のブラックはつや消し加工となり、ブルーとピンクは光沢感のある塗装が採用されている。