mugen_power_3417.JPG

「Pocket WiFi(D25HW)」購入したとブログに書いたところ、いつもお世話になっているビザビの兄貴が使うてみなはれと「大容量バッテリー(HLI-E5830XL)」のサンプルを送ってくれました。

こちらの商品、純正の1,500mAhを大幅に上回る3,900mAhの大容量を実現した製品です。「MUGEN POWER」の刻印も伊達じゃない。

通常、純正だと通信時間が約4時間なのですが、この「大容量バッテリー(HLI-E5830XL)」を使うと倍以上になるということですね。恐ろしい子!

mugen_power_3418.JPG

パッケージの表。

mugen_power_3419.JPG

パッケージの裏。

日本語の説明はありませんが、言葉は要りませんね。

早速、開封して純正バッテリーとサイズを比較してみました。

mugen_power_3420.JPG

倍以上ってレベルじゃねーぞ! みたいな厚みです。

次に取り付けたところ。

mugen_power_3421.JPG

こちら純正バッテリー。

mugen_power_3422.JPG

そして大容量バッテリー。さすがにこんもりしますね。

ケースをつけた状態を比較してみます。

mugen_power_3423.JPG

純正バッテリーはペラリ。

mugen_power_3424.JPG

大容量バッテリーはドムリ。重量感ありますね。

「Pocket WiFi」が一台しかないので‥‥

mugen_power_3425.JPG

ちょっと無理矢理な比較です。

mugen_power_3428.JPG

電源オン!

確かに大きいです。大きいですが、1日フルで戦えることを考えれば、これもありだな、と思います。

通常の使い方であれば、恐らく3〜4時間程度で十分だと思います。が、フルで1日の取材だったりするならば、大容量バッテリーがあると間違いなく便利です。もはや充電のことは気にしないでしょう。

随分と大きくなった感じもしますが、コチラの記事によれば、重さにして80gが129gになるそうで、カバンに入れていれば気にならないでしょうかね。

大容量バッテリー(HLI-E5830XL)」の価格は12,600円と、こちらもやや大きめですが、電源を気にせずに丸一日WiFiが使えるというのは大きな魅力です。

取り急ぎのファーストインプレッションでした。実際に使った感想は、また改めてお届けします。