[J] ウェブで対話をしたいなら、自ら乗り込め - Jamzというエントリーで、イーモバイルのサポート対応が相変わらずっぽいエントリーを目にしてしまいました。

詐欺に遭った|編集・デザイン会社の社長が書く今日のアメブロ

「・・・あの、そちらカスタマーサポートですよね?そこは本社ですか?」
「いえ、カスタマーサポートで、お問い合わせ先はこちらのみとなっております。」
「申し訳ないけど、そちら本当にイーモバイルさん?証明できますか?あなたが詐欺やってんじゃないの?」
「・・・・・・・・・・、しばらくお待ちください。」

詐欺の件 続報|編集・デザイン会社の社長が書く今日のアメブロ

なんで頑なに電話を代わることを拒んだのかわかりませんが、こういう面倒なときに上司が乗り出してこなくて、上司は何の仕事をするのかと思いました。カスタマーサポートだからイーアクセスの社員の方じゃなく、アウトソース先の会社の人かもしれませんが、いずれにしてもサポートのプロとは言い難いのは確かです。

登記簿謄本を悪用して会社を騙られ、イーモバイルを5回線契約したことにされてしまった社長がイーモバイルのサポートに電話したところ、ハードなやりとりを強いられてしまった、というお話です。

結果的にイーアクセスの中の人から謝罪のメールが届き、社長は「報われない気持を慰められた気がします」ということで事なきを得ているのですが、イーモバイルのサポートは相変わらずなんだな‥‥と思ってしまいました。

実はぼくも、修理に出した「EMONSTER」が行方不明になってしまい「ハードなやりとり」を強いられたことがあったのです。

「EMONSTER」が行方不明になってしまったらしい
行方不明だった「EMONSTER」が見つかったらしい
1ヶ月ぶりに「EMONSTER」が帰ってきた!

トラブルに巻き込まれなければイーモバイルは素晴らしいサービスだと思うのですが、何かあったときはもう期待できないものと思っていた方が良いのかもしれません。残念なことですけど。

気持ち的には応援しているんですけどねぇ。