「Touch Diamondと考えるスマートフォンの未来」に参加させて頂いて移行、実機をモニターとしてお借りしています。

touchdiamond_081208540.JPG

ブロガーミーティングの際のエントリーは以下の通りです。

「Touch Diamondと考えるスマートフォンの未来」レポート
「Touch Diamond」とその他のスマートフォンを比較してみる
「Touch Diamond」の感圧式液晶にタッチしてみた!

やはりこの薄型で軽量のボディ・デザインはグッドですね。手にもしっくり馴染みます。

touchdiamond_081208541.JPG

普通の携帯電話とスマートフォンとダブルホルダーしている人も少なくないと思うのですが、この小ささは場所を取りません。

ぼくは「iPhone」と「Touch Diamond」を一緒に持ち歩いていますが‥‥

touchdiamond_081208543.JPG

ほら、この通り。

小さめのカバンでも「iPhone」と「Touch Diamond」を一緒に入れても全く違和感はありません。「EMONSTER」だと、さすがにこうはいきませんね。

ということで、持ち歩くガジェットとしては良い感じの「Touch Diamond」だったのですが、実際に使う段になると「TouchFLO」の操作感が気になりました。

「TouchFLO」は「Touch Diamond」の開発元であるHTCによるユーザインターフェースです。Windows Mobileは素の状態だと普通の人にはなかなかとっつきにくいので、タッチ操作できるような“ガワ”として「TouchFLO」が搭載されています。

確かに一見すると分かりやすそうなのですが、実際に触ってみると「?」となってしまう場面がありました。

具体的にいうと、

・どこをタッチして良いか分からない
・タッチしたくない場所をタッチしてしまう

というあたりが気になりました。例えば「iPhone」で慣れているような、画面をなぞるいわゆるフリック操作のようなことがしにくいのです。

これは感圧式という「Touch Diamond」の液晶画面の特性によるものだと思われます。

タッチ=押すとアクションが起こるのですが、場合によっては「押したけどここじゃないから指をずーらす」ということもある訳です。しかし押した瞬間にアクションが起こっているので、時既に遅し‥‥。という悔しい思いをすることが度々ありました。

また、押した状態で指をずらすというのは、なかなか大変なものだな、ということも思いました。

もともとWindows Mobileはタッチペンで操作することを想定していたので、このあたりはペンタッチするような操作を想定したユーザインターフェースになっていないと、ちょっと厳しいのかもしれません。

(爪でも操作できるというのが特徴と教えてもらいましたが、むしろ指の腹よりも爪の方が操作しやすい場面もあるように感じられました)

さらに感圧式であることに加えて、液晶画面が固いという「Touch Diamond」ならではの特徴なのかなと思いましたし、慣れで解消できるのカモ、と思いましたが、そんな場合にはソフトウェアを自由にインストールしてユーザインターフェースを変更できてしまうのもWindows Mobile端末の良いところだと思い、以前に試したことのある「Spb Mobile Shell」を試したみました!

イーモバイルのスマートフォンはダウンロードスピードが高速なので、端末でダウンロード→インストールできるのが素晴らしいところですね。

ということで、以下のURLよりダウンロード→インストールしてみました。

Spb Mobile Shell(29.95ドルの有償のソフトウェア)

これが基本の画面となります。

touchdiamond_081208536.JPG

「TouchFLO」とさほど変わらないようにも見えますが、アイコンをタップする操作がメインなので、指の腹で押すだけで使いやすいです。

touchdiamond_081208537.JPG

そしてこれ(↑)がアプリケーションのランチャーのような画面です。次々にアイコンを押していくだけです。

touchdiamond_081208539.JPG

前の画面に戻る時は矢印をタップします。

touchdiamond_081208538.JPG

指で押すだけだと、あまりストレスを感じずに使うことができると思いました。

階層の深いところにあるアプリケーションに辿り着くにはそれなりの回数が必要になるでしょうが、シンプルに「押すだけ」なので間違いはないでしょう。

めくったように見えるフリック操作は「iPhone」を意識している部分があるのではないかと思いますが、あまりそこにこだわらずとも「Spb Mobile Shell」は使いやすいと思いました(もちろんフリック操作の部分もあるのですが)。

操作を解説している動画もあるので、ぜひ参考にしてください。

このユーザインターフェースが、手の平の「Touch Diamond」で動作しているというのは、確かに魅力的に感じませんか?

自分の好みに応じて、ユーザインターフェースを変更できてしまうというのはWindows Mobile端末の魅力の一つだと思います。願わくば、こうしたソフトのインストールがもっと簡単になって「誰でも自由に簡単に」変更できるようになると良いな、と思います。