九十九電機、eMachines製PC10万台突破記念キャンペーン〜Gatewayによる買収の影響についてコメント

昨年2月時点で1万台、5月に3万台、10月で累計5万台を出荷。10万台は、2002年12月20日の発売以来、13カ月で達成した。

Gatewayに買収されるeMachinesですが、日本でも勢いがあります。あまり広告は行っていませんので、口コミで広がっているのではないかと思うのですが。ぼくの会社でも一台導入しました。やはりコストパフォーマンスが高いという印象があります。

Gatewayの買収に関しては「日本での取り扱いに関しての正式決定は、正式合併発表後になるだろうが、現時点ではeMachinesブランドの製品に関しては、継続的に国内販売できると考えている」というコメントが寄せられています。

九十九電機でeMachinesを見る

■関連記事

Gateway、eMachinesを買収
eMachinesが売れ行き好調
ワイド液晶搭載「eMachines M5307」

ツクモ、eMachines国内販売は「継続」

Gatewayが発表したeMachines買収計画の国内販売への影響について、「eMachinesブランドは存続し、販売チャネルやサポート体制、サービス内容にも変更はない」と説明した。