eMachinesのノートPCが、日本国内でも発売開始になりました。15.4インチのワイド液晶パネルは、素敵な外観です。Athlon XP-M 2400+、メモリ256Mバイト、HDD 60Gバイト、DVD-ROM/CD-RWコンボドライブ搭載で139,800円です。

「日本のユーザーはCPUやHDDのパフォーマンスやスペックを重視し、無線LANの関心は低いと判断」したのは、ちと読みが甘かったかもしれませんねぇ。調査時期が、少し古かったのかもしれませんが。また、価格だけを見ると、デスクトップPCの時のような衝撃はないように思いました。

九十九電機で製品を見てみる

■関連記事

ワイド液晶が魅力の低価格ノート「eMachines M5307」

実際触ってみると、作りに安さを感じさせないのが良い。3.45cmある厚みも、巧みなデザインからスマートな印象を与える。ホームノートとして性能のバランス感もある。

eMachinesが国内でもノートPCを発売開始

ただ安いだけの製品はeMachinesの製品ではない。最新のテクノロジーを搭載した製品を適切なタイミングで投入し、在庫を適切なレベルにコントロールすることで価格を抑える。ノートPCも低価格を狙っているのではなく、ユーザーに最も大切な“価値”をもたせることを重視している

九十九電機、14万円を切るeMachines製ノートPCを発売

九十九電機(本社:東京都千代田区)は、低価格帯の製品ラインを展開している米eMachines製のノートパソコンを2003年10月1日に発売した。

イーマシーンズ製PCの新製品群が発表 - WXGA液晶搭載で13万円台のノートも

新製品はすべて、10月1日から施行される資源有効利用促進法に適合したPCに表示が許される「PCリサイクルマーク」が表示されており、メーカー回収時に別途費用が発生しないようになっている。

九十九電機、11万円台で15.4型ワイド液晶搭載のeMachines製ノート

九十九電機株式会社は、15.4型のワイド液晶ディスプレイを搭載する米eMachines製ノートPC 3モデルを1月15日より発売する。価格は下位モデルの「M5106」が119,800円、「M5314」が139,800円、「M6412」が189,800円。