2015 01 23 1134

100円コーヒーに続いて、ドーナツ!? ということで話題になったセブンイレブンのドーナツですが、味覚センサーを使い、ミスタードーナツのドーナツと比較した面白い記事がありました。結論から書いてしまうと、ミスタードーナツの方がはっきり分かるくらいに甘いそうです。ミスドとセブンのドーナツ、味はどのくらい違うの? 味覚センサーで分析という記事です。

どんな食べ物・飲み物でも5つの味(甘味・塩味・酸味・苦味・旨味)として数値化できる「味覚センサー」を使って、ミスドとセブンのドーナツの味を分析してもらった。ほとんどの人はドーナツを食べて「これ、甘いなあ」とか「これ、あまり甘くないなあ」といった表現をする。しかし、このセンサーを使えば、同じ「甘い」でもそれぞれ異なっていることが明らかになるのだ。

セブンイレブンのドーナツはまだ食べたことがないのですが、それもそのはず、現在は東京・大阪・京都などでの試験販売だそうです。埼玉県ではまだ売られてなさそうですね。

今回は、ミスドの「ポン・デ・リング」「チョコファッション」「ダブルチョコレート」、そしてセブンイレブンの「もちもちスイートリングドーナツ」「チョコオールドファッション」「ダブルチョコドーナツ」という、よく似たドーナツが味覚センサーにかけられています。

で、結論です。

鈴木: 甘味の数値差をみると、すべて0.2以上ありますね。0.2以上あるということは、95%の人が「セブンよりもミスドのドーナツのほうが甘い」と認識できるんですよ。

ほほう、そうなんだ。形が似ていて味まで同じだと特徴がなくなってしまうので、セブンイレブンのドーナツは、あえて「甘さを控え目にして、大人の人たちに食べていただこう」という戦略を取っているようです。

鈴木: 甘味だけでなく、苦味にも注目してください。ミスドの「ダブルチョコレート」は1.14ですが、セブンの「ダブルチョコドーナツ」は1.77。その差は0.63もあります。

なるほどねぇ。コンビニでドーナツを買うのは、子供じゃなくて大人だろうということで、味付けは大人向けが想定されているということです。

ただ、個人的にはドーナツを食べるときは純粋に甘い物が食べたい時なので、あまーいドーナツに、にがーいコーヒーの組み合わせの方が嬉しいかなぁ、なんて思いますが、みなさんはいかがでしょうか。