2014 11 27 1504

ファミリーレストランの「ジョイフル」が、円安による原材料価格の高騰などを理由に、2014年12月より値上げすることが発表されました。ジョイフル値上げ 来月から、メニュー9割で10円という記事になっていました。

ジョイフルはポテトフライを180円から190円に、チキンドリアを380円から390円に、洋風ツインハンバーグを580円から590円に値上げする。一方、サイドメニューの一部は豚汁を150円から140円に、「半熟玉子」を50円から40円に値下げするなどし、組み合わせた場合の上げ幅を緩和する。

「ジョイフル」は九州に多いファミレスチェーンです。宮崎県を旅した際に、見かけたのを覚えています。

値上げは10円ですので、大きな影響もなさそうに思いますが、その事実が「ああ、また値上げか」と積み重なってしまいますね。

値上げの理由は、

・円安による原材料価格の高騰と光熱費の上昇

ということですが、これは「ジョイフル」に限ったことではありませんから、他でも値上げするところは続きそうな予感がしますね。

「2年前のアベノミクス導入前に比べ水道・光熱費と円安の原材料高で20億円の負担増となっている」ということです。給料も上がっていれば良かったんでしょうけどねぇ。それはまだ多くの人が実感できるレベルにないですよねぇ。