B006BL07FU

カレーはじっくり煮込んで食材に火を通しているので、菌の心配がないのかと思いきや、実は2日目のカレーは要注意なのだそうです。知らなかったよ。二日目のカレーはアブナいって本当?「本当:菌の天国」という記事になっていました。

スパイスのおかげで傷みにくい印象が強いが、冷めた時に菌が急激に繁殖し、食中毒を起こしやすい。常温保存はもってのほかで、しっかり煮込み直してから食べないと、アブナい食品になってしまうのだ。

えええー、そうだったんですね。カレーの敵は「肉や魚介、野菜に付着し、カレーの中で繁殖し食中毒の原因」となる、ウエルシュ菌だうです。しかもこのウエルシュ菌は、100度で煮込んでも耐えるのだそう。

ウエルシュ菌は棲みにくい環境になると芽胞という状態に変化し、殻に覆われて耐えるのだそうです。これが100度で煮込んでも死滅しない理由です。

二日目のカレーは確かにおいしい。具の内部にも味が染み、煮崩れした具材がソースにコクを生みだすからだ。ただし「種状態」のウエルシュ菌が発芽しやすい状況なので、安全に食べるには保存方法が重要になる。

43〜47度まで冷えると、急激に菌体が増えるそうです。これまでにカレーにあたったことはないので、保存は方法は大丈夫だったのだと思いますが、梅雨の季節ですし、いっそう気をつけるようにしたいと思います。

一晩、保存する時は冷蔵庫で、食べる前にはきっちり温め直す、というのがポイントだそうです。ウエルシュ菌は加熱すると毒性がなくなるそうです。

ちなみに、カレーにも入れるジャガイモは傷みが早い、なんてことも言いますね。水分が多いからみたいです。

スパイスの黄金比率で作る はじめての本格カレー

4816354700