スポンサードリンク

【東北食べる通信】まるで食べられるデアゴスティーニぽい!久慈市から短角牛が届いた!

スポンサードリンク

8月号から申し込みをしている食べられるデアゴスティーニ(?)こと「東北食べる通信」が届きました! 今月の"食べもの"は、久慈市で育った短角牛でございます。わーい!

スポンサードリンク

月額1,980円で、このような読み物とたべられるものがセットで届きます。先月は牡蠣だったそうです。今月は短角牛で、来月はどんこのつみれだそうです。

フハハハハハ、全て美味そうだー!

短角牛生産者の方のエピソードを読み、そしてその短角牛を食べる、なんという贅沢でしょうか。しかも、送料込みで1,980円て、意外にリーズナブルだと思うんでよね。ちょっとお小遣いで申し込めるじゃないですか?

ちなみに定期購読のみですが、何も気にせずに美味いものがエピソードと共に届くのは素敵です。定期購読でブツが届く、まるで食べられるデアゴスティーニ、ですね。

ちなみに、短角牛は煮込み用です。カレーの作り方が紹介されていますが、我が家ではビーフシチューにしようかなー、なんて思ってます。楽しみ!

みなさんもいかがですか?

東北食べる通信|taberu.me

Posted from するぷろ for iPhone.

スポンサードリンク

前へ

月見の秋だ!「チーズ月見バーガー」とチキンナゲットの「タルタルソース」を食す!

次へ

「AppBank Store」アフィリエイトを開始(ASPはA8.net)