B002SIWB1I

設備のない店での提供ができなくなった「ユッケ」ですが、復活の兆しを見せている‥‥というニュースがありました。「パックユッケ」というのが登場しているらしいですよ!

ユッケ復活の兆し パック入りの市場拡大 (産経新聞) - Yahoo!ニュースという記事になっていました。

焼肉チェーン「でん」では昨年12月からパックユッケを仕入れ、牛肉のユッケをメニューに復活させた。1人前980円と規制強化以前に比べ割高だが、「牛でん豊中店」(大阪府豊中市)では週末には1日10食以上を提供。

パックユッケという手があったのかぁ。専用設備を持った業者でユッケ用に加工した生肉を冷凍パックし、それを客に提供されるのだそうです。

そして客がパックを開け、生卵やタレとかき混ぜて頂きます。ごちそうさまです。というスタイルなのか!

同協会が「パック方式なら生肉の安全性を確保できる」として提供マニュアルを策定。それに基づきエスフーズが和牛モモ肉を使った「黒毛和牛ユッケ」(50グラム)を開発し、その他の食品メーカーも相次ぎ発売しているという。

50gで980円というのはお高めですが、いずれ価格も下がるのでしょうか。レバ刺しは食べたいけど、ユッケはそれほどでもないかなぁ。

ネタフルでは次のような記事を書いています。

【表面加熱処理義務化】牛のユッケや牛刺しが食べられなくなるようです

「安楽亭」ユッケ販売再開へ

牛の生レバー(レバ刺し)、提供禁止へ‥‥‥‥

十勝スロウフード 牛とろフレーク 200g  【牛とろ丼のたれ】好評販売中※別売

B005LFQUTE