A0055 000367

食べ物を床に落とした時に「ダイジョブ、ダイジョブ、3秒経ってないから」なんて言って食べてしまう人がいますが、あの“3秒ルール”には根拠があるのでしょうか? ということを研究した人がいます。

落ちてしまった食べ物。「3秒ルール」をまじめに研究してみたら « WIRED.jp 世界最強の「テクノ」ジャーナリズムという記事です。

ジャムの付いた一切れのパン、パスタ、生ハム、ビスケット、ドライフルーツ。これら5種類の食べ物だけでなく、普通はもし何かが地面に落ちたなら、わたしたちはあまり考えることなくゴミ箱に捨ててしまう。たとえ数秒後に拾ったとしてもだ。

研究したのはマンチェスター・メトロポリタン大学のグループで、水分含有率と広く消費されているという点から代表的な5つの食品を選び、それを床に落としてどれくらいバクテリアに汚染されるかを分析したそうです。

それによると「塩か砂糖を多く含む食品」である生ハム、パン、ジャムは最大限の安全性が確認されたそうです。

一方「ドライフルーツと茹でたパスタは、たったの3秒でクレブシエラ菌によって汚染された」ということです。

ビスケットもまたある程度の安全性を示した。床に10秒間放置されて、まったく汚染されていなかったのだ。恐らくは、水分含有量が非常に低いことが、バクテリアの繁殖に不利な環境をつくり出しているからであろう。

バクテリア以前に、水分が多いものだと埃などを吸着してしまいそうでイヤですよね。そういうの、はらっても落ちないし。まあ、クッキーくらいだったらいいかな、と。

あなたは“3秒ルール”適用派ですか?