2012 04 24 1056

マクドナルドが“牛丼価格”に殴り込み!? 「3つの価格帯」とはという記事がありましたよ。「250円ポテトコンビ」「500円バリューセット」が登場するそうです。

2012年4月20日、日本マクドナルドが新たなキャンペーン戦略を発表した。「100円マック」をリニューアルするとともに、新たなセットメニューとして「250円ポテトコンビ」「500円バリューセット」を導入する。

「100円マック」「250円ポテトコンビ」「500円バリューセット」というキャンペーン展開をするのですね。

「250円ポテトコンビ」は「ハンバーガー」「ホットアップルパイ」「チキンクリスプ」という100円マックメニューとマックフライポテトSサイズをセットで提供するというものです。

フライドポテトって、150円でしたっけ?

100円メニューとのセットだと、かえって割高に感じてしまうような気がしないでもないですね。どうしてもポテトを食べたい時は良いかもしれませんが。

「500円バリューセット」は平日限定ですが「ダブルチーズバーガー」「フィレオフィッシュ」「てりやきマックバーガー」「ジューシーチキンフィレオ」と、ポテトMサイズ、ドリンクMサイズのセットになります。これはお得があるかも?

同社にとって新たな挑戦といえるのが、250円メニュー。投入の背景にあるのが、外食における一般的なランチタイムの購入金額だ。「500円」の次に多いのが「350円」なのだという。今回新たに投入する「250円ポテトコンビ」はドリンクSサイズを合わせると350円。まさにこの価格帯を狙ったものだ。

牛丼との対決になるのですね。ドリンクはコーヒーが良い、という人にはマクドナルドも選択肢になりそうですが、ちょっとボリュームが違うような気も?

勝ち続ける経営 日本マクドナルド原田泳幸の経営改革論

4023310166

マクドナルドの経済学

4569796621