2011-07-21_1820.png

すかいらーくがガストの実験店として、山梨県甲府市に「どんぶりガスト」をオープンしたそうです。

牛丼チェーン戦争にガストが参入!? 新業態「どんぶりガスト」の仰天メニューとは?という記事で知りました。

「これまでは手ごろな価格で気軽に行けるデイリーユースのファミリーレストランとして『ガスト』を展開してきたが、昨今の不況による家庭収入の減少でファミレスの利用頻度が減っている」(「どんぶりガスト」を担当するすかいらーくの小林大二営業部長)。

ガストはファミリーレストランの中では低価格の方だと思いますが、それでも利用頻度が下がり、その受け皿となっているのが牛丼チェーンなのだそうです。

都心で牛丼チェーンといえばカウンターに1人で座って食べるイメージがあるが、郊外に行くとテーブル席が大半を占め、駐車場も完備するようなファミレスと変わらない店が多い。そして、牛丼チェーンであれば副菜を入れても500円程度なので、家族4人でも2000円で済むわけだ。

ああ、確かに。我が家でも時々、クルマで「すき家」に行くことがありますね。ファミレスに行くよりもかなり安価ですし、子供向けのメニューもあったりしますね。

そこで登場したのが「どんぶりガスト」という訳です。

際立つのは、なんといっても安さ。看板メニューの「ハンバーグ牛丼」は並盛りで280円(みそ汁は別売り)。大手牛丼チェーンの牛丼とほぼ同価格で、牛丼とハンバーグを両方を食べられるわけだ。もう一つの看板メニュー「若鶏竜田丼」は350円、定食メニューでは「デミグラハンバーグ定食」が450円となっている。客単価は450~500円程度を想定(ガストの客単価は700~800円程度)。

安い! かなり安い!

ということで、サイトを見てみると‥‥

2011-07-21_1825.png

本当だ。ハンバーグに牛丼で280円だ。これはお得感ありますね。具が2倍の倍盛りでも530円です。

2011-07-21_1826.png

牛丼だけでなく定食もありまして、こちらも500円前後でご飯・サラダ付きとなかなかのお値打ちです。ファミリーレストランで食事するよりも、かなりお安いのがよく分かりますね。

同社では売り上げに占める割合を1割程度と見ていたが、実際は25%程度と予想以上に多かったという。開店当初はドライブスルーの利用が多すぎてキッチンが大混乱となったため、ドライブスルー専用のキッチンを新たに設けたほど。

「部屋着のまま買いに行ける」など、ドライブスルーも大人気のようです。

ファミリーレストランよりも気軽に入れる、そしてスピーディーに食べられる定食屋、みたいなイメージでしょうかね。仕事が遅くなって小腹が空いて何か食べたい‥‥みたいな時にも良いかも。

同業態は、2、3年で100店舗を展開するのが目標。「都心でこの価格帯で出店するのは難しい」(同)ことから、郊外のロードサイドで牛丼チェーンと火花を散らしていくことになるだろう。

近所に欲しいすなー。