2010-07-27_1249.png

袋に入った焼きそばにかぶりつく「このまんま焼そば」というのが話題になっているらしい! ググったらイケダパンのブログで絶賛発売中になってましたよ〜。

袋にぎって、そのままがぶり カジュアル焼きそば大人気という記事で知りました。

袋入りの焼きそばに、がぶりとかじりつく「このまんま焼(やき)そば」を鹿児島県姶良(あいら)市のイケダパンが売り出した。希望小売価格は税込み105円。

袋入りの焼きそばというのは、面白いアイデアですね。箸いらず。片手で食べられて便利。105円というのもリーズナブル!

同社には「野菜や肉といっしょにいためてもおいしい」などファンからの反応が相次ぐ。中には「やっぱりパンにはさんで食べるのが、おすすめ」という声も。

イケダパンだけあって、袋の中に入っている焼きそばは「焼きそばパン」用のものなのだそうです。

「手軽さと少し辛めの味が受けて1日約5千個を売り上げる人気」って、5,000個も!? すごいですねー。

これ早晩、どこかのコンビニからも登場しそうな気がしますね。袋入り焼きそば。あると思います。

と思ったら、なんと「そのまんま焼きそば」というのがセブンイレブンで商品化されていたらしいですよ。しかも2009年8月頃には。

そのまんま焼きそば: 株式会社カナヤマ

そのまんま焼きそばっていうから、宮崎県がらみの商品かなと思ったら、意外と見たまんま聞いたまんまの商品でした。焼きそばなのにそのまんま食えるっていうことらしい。しかも、なぜかは知りませんが、江別・岩見沢・美唄のセブンイレブンの限定商品だとか。ほおおおお。

こちらの袋だと、ちょっと片手で食べるのは難しかったようです。

こちらのブログを見たら「秘密のケンミンSHOW」で紹介されたこともあったということなので、さらにググると「角屋のやきそば」が発祥のようです。

やきそばと聞いたら、フライパンや鉄板で肉や野菜と一緒に炒めたものをイメージする方が多いのでは?と思いますが、美唄市に住む北海ドーミンの多くが愛してやまないやきそばは、麺に特製ソースを絡めただけの非常にシンプルな「角屋のやきそば」。しかも、驚くべきはその食べ方。何と、皿も箸も使わずに、袋からクッと出して直接食べてしまう!?のです。

北海道美唄市が発祥でした。かつて炭鉱の町で、そこで働く人たちが汚れた手でも手軽に食べられるようにと「角屋」が袋入りの焼きそばを開発したのだとか。

それが鹿児島に飛び火し「このまんま焼きそば」となっているのですね。浦和でも食べたいなー。

日清 焼そば 100g (6入り)

B0019XY6E8