すき家、早くも失速…1月売り上げ2・2%減という記事より。

昨年12月に値下げが相次いだ牛丼チェーンの勢いが早くも“失速”した。12月7日に、牛丼並の定価を50円引き下げ、280円にしたゼンショー傘下の「すき家」が10日発表した1月の既存店売上高は前年同月比2・2%減少。

「すき家」値下げで顧客増ということで1月にお伝えしたばかりだったのですが、早くも失速したそうです。「吉野家」が追従したのも影響したのでしょうか。

12月3日に60円下げて定価を320円とした「松屋」の既存店売上高も4・4%減と前年実績を下回った。

「松屋」も売上を伸ばすことができてないんですよね。「値下げによる客単価の落ち込みを客数増でカバーしきれない」と記事。

すき家の既存店の客数は12・6%増、松屋は4・5%増とプラス。だが、客単価がすき家で13・1%減、松屋で8・5%減とそれぞれダウンした。

お客さんの数は増えているけれど‥‥ということで、非常に悩ましい事態です。「吉野家」も「前年同月比13・1%減となり11カ月連続で前年実績を割り込んだ」そうです。

これで値上げしたら、またお客さんの足も遠のきますよね。こんな時はどうしたらいいんだろうか。