warabi_120773.JPG

@draftbeermanに誘われて、蕨の「喜よし」という、焼き鳥のみそやきが名物の店に行ってきました。ちなみに「喜」は実際には「七」が三つ並んだ古い字です。

蕨駅の東口、駅から徒歩5分くらいのところに「喜よし」はあります。歴史を感じる店構えです。

warabi_120757.JPG

店内はコの字になっているカウンターのみです。中で焼き方のおにいさんが串物を焼いています。

warabi_120758.JPG

われわれは4人で行ったので、カウンターではなく少し風通しの良い表に面した席に座りました。すきま風は入りますが、足下にはヒーター完備です。

warabi_120759.JPG

みそだけでなくしお、たれもあるのですが、ここは間違いなくみそやきを選びます。いろいろな種類が6本入っているセットが500円です。

「喜よし」のみそやきの特徴は、塩で焼いた串にみそを付けるのではなく、あらかじめみそだれにつけ込んだものを焼くのです。なので、見た目からして独特です。

warabi_120765.JPG

うーん、みそ味がしみててンまーい。駄菓子感覚というか、初めて食べるのに非常に懐かしい味に感じました。みそ大好きな人にはたまらないですね。

ビールで乾杯してホッピー投入。

warabi_120767.JPG

ナカをお代わりしたら、恐ろしいくらいの焼酎が入っていて焦りましたが。

続いて「つくね」に。

warabi_120768.JPG

これはたれ焼きでした。ベーシックなお味。卵の黄身が欲しくなるな。

さらに「上シロ」です。ぼくの中の一つの基準が実は「上シロ」でして、これを食してお店の仕事を判断したりしています。

warabi_120771.JPG

うん、目玉が飛び出すほどンまい! というものではないですが、しっかり仕事してあります。臭みもなくて美味しいです。

でも、やっぱりみそやきだよね、ということで、再びここでみそやきを食べました。結局、一人前ずつ食べましたね。

他にもつまみは色々と頼んでます。

warabi_120761.JPG

ガツマリネ。

warabi_120762.JPG

モツ煮。

warabi_120763.JPG

とりわさ。

warabi_120764.JPG

レバ刺し。

warabi_120769.JPG

マカロニサラダ。

warabi_120770.JPG

チョリソー。

マカロニサラダにソースをかけるかどうか論争も起きたりして。ちなみに、ぼくはかける派です。

そして最後に「バイスサワー」です。

warabi_120772.JPG

焼酎を割るのが、赤い液体。シソ風味で飲みやすい、危険なヤツです。「バイス=梅酢」ってことみたいですね。

4人でけっこう飲みましたが、一人3,500円くらいだったでしょうか。近所にあればサクッと1杯いきたいタイプのお店です。

ジャズライブが予定されていたり、線路を挟んだ反対側にワインのお店をオープンしていたり、老舗でありつつも二代目がいろいろチャレンジしているみたいです。

蕨在住の人がうらやましい。けど、お店で会ったおじさんたちは、蕨の人じゃなかったなぁ。それだけ魅力的なお店ということで。

ごちそうさま!

蕨の名店 やきとり「喜よし」のホームページ

住所:埼玉県川口市芝新町2-11


大きな地図で見る