サッポロビール、飲食店向けの新ヱビス発売という記事より。

サッポロビールは29日、「ヱビス」ビールブランドから、飲食店向けの黒ビール「ヱビス スタウト クリーミートップ」を7月3日に発売すると発表した。

ギネスとの契約が解除され、でも「サッポロライオン」では販売継続される中、サッポロビールはどうするのかと思ったら、新しい「ヱビス」の黒ビールを登場させてきました。

「ヱビス スタウト クリーミートップ」という名前で、きめ細かい泡とやわらかな口当たりが特長だそうです。

これまでにも黒い「ヱビス」はあった訳ですが、より「ギネス」っぽい感じの製品ということになるのでしょうね。

飲食店で飲む場合、400ミリリットルのグラスで600~1000円。年間10万ケース(1ケースは大瓶20本分)の販売を目指す。

家庭向けは「数年後に」導入するかどうか決める、ということです。果たしてどうなりますか。

■関連エントリー

「ギネス」サッポロからキリンへ
「ギネス」キリンに移っても「サッポロライオン」で販売継続へ