ONEDARI BOYSの3周年を記念して、豚肉料理「豚組」に3連続ONEDARIをさせて頂いている今回のシリーズですが、とんかつ「豚組」に続き第2弾の「しゃぶ庵」にお邪魔してきました!

butagumi_05220915.JPG

場所は六本木ミッドタウンのそばでして、窓から見える景色は国立新美術館という、ものすごい立地にあります。

butagumi_05220919.JPG

それでいて高いかといえば、決してそうではなく。むしろ、場所、お店の雰囲気、味などを考えると、むしろリーズナブルに感じてしまうくらいです。

butagumi_05220923.JPG

鍋はこだわりのル・クルーゼ。

butagumi_05220934.JPG

一番上の「しゃぶ庵コース」から、スタンダード、プレミアム、特選を織り交ぜて頂いてきました。

日によって銘柄は違うのですが、この日は琉香豚(スタンダード)、八幡平ポーク(プレミアム)、白金豚(特選)、ということになっています。

食べ比べると分かるのですが、豚肉の違いは脂身に出やすいのではないかと思います。濃厚なもの、甘いもの、など。

先に書いてしまいますけど、スタンダードとはいえ銘柄豚。琉香豚も十二分に美味しいのです。ちなみに、とんかつの時に美味しいと思ったのも琉香豚でした。ビバ、琉香豚!

すごいと思ったのは、食べ放題セットがあることですよ。

butagumi_05220933.JPG

お通し、しゃぶしゃぶ(肉と野菜)、トンコツしゃぶ麺、デザートで、なんと驚きの3,500円です。

食べ放題だから肉の質はどうなの? と思われる向きもあるかもしれませんが、心配召されるな。スタンダード銘柄、つまりこの日だったら琉香豚がこれでもかと出てくる訳ですよ!

コースメニューにしても良いですが、豚しゃぶな気分の時はこちらの食べ放題コースに生ビールを2杯くらい頂いて5,000円くらいですかね。ものすごい充実すると思いますよ。

ONEDARIさせて頂いたのは「しゃぶ庵」というコースでして、豚しゃぶとは別に小鉢や「長皿八寸」という前菜が出てきました。

butagumi_05220946.JPG

butagumi_05220948.JPG

ここからもう“豚組ワールド”全快です。豚しゃぶだけのお店だと思っていると、痛い目を見ます。「蟹の爪とろろ昆布巻き」とか、アイデアですよね〜。蟹の身に、合うんだこれが。

そしてコースにはないですが、お勧めしたいのがこちらの目の前で切ってもらえるチャーシュー。

butagumi_05220943.JPG

butagumi_05220944.JPG

こちらもまた、日によって豚の銘柄が違うそうです。

あとはまた豚肉を食べる前に感動してしまったのですが、こちらのトマトですよ(一品メニューです)。

butagumi_05220950.JPG

アメーラトマト」というトマトなのですが、アメーラって駄洒落じゃなくて、本当にあまいのら!!

積極的にトマトを食べたいと思う方ではないのですが、この「アメーラトマト」だったら毎食でも食べたいくらいです。そのくらンまい。

さらに、馬刺とか、真鯛/はまちの刺身とか。

butagumi_05220951.JPG

butagumi_05220952.JPG

butagumi_05220953.JPG

豚肉を食べにきたはずなのに、豚肉以外もうまいということに、戸惑いを隠せないONEDARI BOYSのメンバーなのでした。

butagumi_05220954.JPG

このあたりで結構おなかも膨れてきたのですが、いえいえ、ここからが本番です。

まずは、食べ方の説明です。

70〜80度くらいで食べると、肉汁が出ないので美味しい、と。ネギも入れて、一緒に巻き巻きして食べると、さらに美味し、と。

さあ、実食!

うん、うまい!

鮮やかなんですよー。

butagumi_05220970.JPG

全て、手巻きなんですよー。

butagumi_05220972.JPG

新鮮だからこそ、クルクル巻けるそうです。

butagumi_05220967.JPG

実はこの日はちょっと特別でして、普段は、

・塩だれ
・胡麻だれ
・フルーツポン酢

という3種類のつけだれなのですが、夏に向けての新作つけだれとして、梅とそばつゆを試させて頂いたのです。いや、梅もそばつゆも、初めてですよ、豚しゃぶには。

さらに、お好みで薬味もあります。

butagumi_05220964.JPG

・福島県の辛味大根の大根おろし
・わさび
・ネギ
・みょうが
・ホースラディッシュ

後で分かるのですが、この薬味もスペシャルでした。

一枚目は塩だれで食べるのが定番です。この塩だれは、モンゴルの岩塩を使い、吉野くずをといているそうです。中にはレモンと黒こしょうが入っています。

やっぱり、旨味な肉には味を引き立たせる塩だな、と思う瞬間ですね。

かくして、ここで明らかになったのが、いしたにさんの「そばつゆ、うめぇ」の一言でした。

そうなんです。全会一致で、ナンバーワンつけだれは「そばつゆ」だったんです。特に、ホースラディッシュ(西洋わさび)との取り合わせは抜群。さっぱりしているので、肉が進む、進む。

個人的には大根おろしとネギを巻いても美味しかったです。

butagumi_05220975.JPG

もちろん、他のつけだれも美味しいんですよ。胡麻だれだって濃厚だし、フルーツポン酢だって甘くさっぱりとして旨味です。

ただ、この日は「そばつゆ」という未体験の味がわれわれの全てを奪い去っていったという訳です。いやー、自宅で豚しゃぶでも試してみたいですよ、そばつゆのつけだれ。

butagumi_05220974.JPG

野菜が美味しかったことも、言うまでもありません。レタスにミニトマトに、ネギを巻き巻き。本当に、こだわりの食材なんですよね、どれもが。

butagumi_05220980.JPG

このネギたっぷりもたまらない。ちなみに、秘伝の出汁にはコラーゲンが入っていて、浸透圧の関係で、豚肉から旨味が逃げないようになっているのだそうです。

熱く語る経営者の@hitoshiさん。

店内はものすごく広くて、個室も多いんです。だから、接待にもいいし、デートにもいいし、友達同士でわいわい食べるのにもいいんです。

脂身がガチで甘かったバスク豚に驚いて最後は!

butagumi_05220984.JPG

じゃーん、トンコツしゃぶ麺です。細麺固めのとんこつラーメンです。

butagumi_05220990.JPG

これがですね、思わずわらっちゃうくらい出汁が出ていてうまいんですわ。わははは。やっぱりこの味は、しゃぶしゃぶを経てこその味なんだそうです。

食事して飲んでしめにとんこつラーメンて、幸せ過ぎますね。

butagumi_05220992.JPG

場所も六本木駅から徒歩6〜7分くらいでしょうかね。立地も良いですし、ちょっとみんなで集まって美味しいものを食べたい時にもってこいでは、と思います。六本木界隈のIT系企業の皆さまにはピッタリではないでしょうか。

ごちそうさまでした!

なお「豚組」ではTwitterアカウントを開設しています。フォローしておくと、豚肉の銘柄の情報や、ちょっとしたTipsのような話が流れてきます。

豚組(とんかつ・しゃぶ庵・やきや) (butagumi) on Twitter

#次回は最後の第3弾となるのですが、お店貸切のONEDARIをお願いしております! 近日中に詳細を発表しますのでお楽しみに!

豚組 [しゃぶ庵](オフィシャルサイト)
ぐるなび - 豚組 しゃぶ庵

住所:東京都港区六本木7-5-11 2F


大きな地図で見る

■他のメンバーのエントリー

豚しゃぶはそばつゆにホースラディッシュで食べるべし!「豚組しゃぶ庵」(RED)
豚組・しゃぶ庵のそばつゆに電車道で寄り切られた!(GREEN)
豚組 しゃぶ庵(六本木)(PINK)
豚組 しゃぶ庵の先付け・前菜はメインディッシュ並(ROBO)
豚組「しゃぶ庵」の豚しゃぶで感じた、細部へのこだわりの重要さ(YELLOW)
六本木と乃木坂の中間で「そばつゆ、うめー!」と叫ばせた豚組の豚しゃぶしゃぶ(おやっさん)