キリン、淡麗が発泡酒で初の200億本超えという記事より。

キリンビールは8日、発泡酒の主力商品「麒麟(きりん)淡麗〈生〉」の累計販売本数が、発泡酒で初めて200億本(350ミリリットル缶換算)を超えたと発表した。

キリンの「淡麗」が、発泡酒としては初めて200億本の販売本数を突破したことを発表しています。

1998年の発売から2008年末までを集計した。淡麗は1998年から2007年まで、発泡酒市場で10年連続売り上げ1位を確保している。

もう発泡酒ったら「淡麗」という感じですね。

個人的には最近は、あまり発泡酒は飲まなくなりました。どちらかというと、普通にビールを買っているか、第3のビールを買っていることが多いです。麦やホップで、第3のビールの方が美味しい感じがするんですよねー。

■関連エントリー

あなたはビール? 発泡酒? それとも第3のビール?
第3のビールが発泡酒を抜く!
「第3のビール」について学んだこと