安いが一番?第3のビールが発泡酒抜いたという記事より。

ビール酒造組合などが10日発表した発泡酒と第3のビールを含む1-11月のビール類出荷量によると、価格の安い第3のビールの構成比が23・8%となり発泡酒(23・7%)を抜いた。

第3のビールの出荷量が発泡酒を抜きまして、2008年通年でもシェアが逆転する見通しだそうです。

2003年に発売された第3のビールは、発泡酒より350ミリリットル缶で20円程度安く、低価格志向を強める消費者の人気を呼んだ。

記事によれば、キリンビール「のどごし〈生〉」やアサヒビール「クリアアサヒ」が好調だったということです。

もちろん価格が安いというのもあるのでしょうが、個人的には麦芽やホップがたくさん入っている「麦とホップ」とか、第3のビールの方が美味しく感じる商品が多いような気がします。

第3のビール、発泡酒抜く…年間ベースで初の逆転へによれば、

種類別ではビールが12・1%減、発泡酒は16・2%減でともに4か月連続の減少。第三のビールは12・2%増で9カ月連続の増加だった。

ということで、第3のビールだけ伸びています。

■関連エントリー

「第3のビール」について学んだこと
あなたはビール? 発泡酒? それとも第3のビール?
「第3のビール」が好調らしい
第3のビール、シェアが2割に
「クリアアサヒ」販売本数が3億本突破