カロリーオフで糖質0だという「麒麟ZERO」を飲んでみました。

68a5b264668f2b9d86a53dee0e2ad136.jpeg

ちなみにカロリーオフというのは「100mlあたり20kcal以下」のものだそうで、19kcalの「麒麟ZERO」はカロリーオフとなります。

ちなみにサントリー「ダイエット」は77kcalでした。

多くのビール系飲料が150kcal前後だということを考えると、ダイエットを心がけている人には心強い味方です。

10e3caffd7469b27881e008ddc10d39a.jpeg

実際に口にしてみると‥‥けっこうあっさり?

糖質オフにするためか、アルコール分が3%と通常のビール系飲料の約半分くらいとなっています。

飲んだ感じからすると、汗をかいて無性にビールが飲みたい、しかし夜まで待てない、でも飲むと酔ってしまって困る‥‥そんな時にピッタリですよ。つまり気分転換に最適な予感。

むかーし、アルコール2%を売りにしてランチの時に飲むのが推奨された「プラニパ」という製品があったのですが、ああいう感覚に近いかもしれませんね。

個人的には「麒麟ZERO」は相武紗季のテレビCMが非常に印象的です。埼玉スタジアムでも流れているのですよー。

麒麟ZERO350ml×24 1ケース

■関連エントリー

サッポロのプレミアムビール「エーデルピルス」
サッポロ「麦とホップ」ぼくにも、ビールです。
サントリー「ダイエット〈生〉」はなんと77kcal
「淡麗アルファ」はプリン体99%カット