「味の素」28年ぶり値上げという記事より。

味の素は29日、11月出荷分から主力のうま味調味料「味の素」の国内出荷価格を、1980年以来28年ぶりに10%程度引き上げると発表した。

28年ぶりに値上げって、28年間も価格が据え置きだったことに驚きです。

うま味成分を抽出するための主原料となるサトウキビやタピオカの価格高騰が原因。原油高騰も影響しています。

60グラム入りの袋(160円程度)が15円程度、75グラム入り瓶(300円程度)が30円程度、それぞれ値上がりするとみられる。

「家計に打撃となりそう」と記事では書かれていますが、そんなにどしゃどしゃ入れるものですかね。

「味の素」以外にも、中華だし商品や塩調味料なども、出荷価格が引き上げられるということです。

■関連エントリー

マヨネーズが17年ぶりの値上げ
味の素もマヨネーズ値上げ
「チキンラーメン」「カップヌードル」値上げ
「ポッキー」原料の高騰で1割減量
ガソリン、値上げで140円台へ
芋焼酎、1瓶100円値上げへ
「バーモントカレー」「サッポロ一番」値上げへ
タクシー、初乗り710円に値上げへ
サントリー、ウイスキーを値上げ
ガソリン、ついに170円台に突入か?
カルビー「かっぱえびせん」「ポテトチップス」値上げへ
「味の素」冷凍食品を値上げ