倉敷で話題名付けて「らうどん」という記事より。

見た目はラーメンだけど、味と食感はうどん―。こんなちょっと変わったメニューを岡山県倉敷市のうどん店が考案し、話題になっている。

見た目はラーメン、しかし味はうどんの「らうどん」が、岡山県倉敷市で話題になっているそうです。

ラーメンどんぶりに盛られた黄色い中太めんは、うどんのようにコシが強く、弾力のある歯応え。つゆは昆布に煮干し、かつお節をふんだんに使った和風だしをベースに鶏がらスープを合わせ、複雑な味を演出。

チャーシューにナルト、メンマも乗るそうで、普通に見た目はラーメンなのですね。スープも和風だしに鶏ガラスープでラーメンぽい。

ということで、特徴があるのは麺なのだそうです。

うどん用の中力粉を、カルシウムを多く含む地元の水でこね上げ、ラーメンに似た色つやを出すため少量のかん水を練り込む。

ラーメンでもないうどんでもない、新しい麺だということです。

考案した人は、何度も中国を訪れて研究を重ねたのだとか。「拉饂飩麺」として商標登録も完了しているそうです。

実は似たような「ラーどん」などと呼ばれるメニューは、関東から四国、九州など全国各地にある。ただ多くはうどんをラーメンスープで食べるもので、めんそのものに工夫を凝らした例は少ないという。

ちょっと食べてみたいですね「らうどん」。ココで写真が見られますが、見た目は普通にラーメンです。