サントリーがサッポロ抜き初のシェア3位という記事より。

ビール大手各社が10日発表した、発泡酒と「第3のビール」を含むビール類の今年1-6月の出荷量によると、サントリーの市場占有率(シェア)がサッポロビールを追い抜き、1963年にビールを発売して以来、初めて3位に浮上した。

サントリーがビール類のシェアで、サッポロを抜いて3位に浮上したそうです。ビール類というのは、発泡酒や第3のビールを含みます。

1963年にビールを発売して以来ということなので、これはサントリーにとっては快挙ですねー。

あまりビールのシェアって気にしたことなかったのですが、サントリーって4位だったのですね。

なお、3位浮上の要因は「価格を据え置いたことが功を奏した」ということで、各社が値上げする中で耐え忍んだのが良かったみたいです。

ちなみに、各社のシェアは以下のようになっています。

・アサヒ 37.5%
・キリン 36.7%
・サントリー 13.0%
・サッポロ 12.1%

うむ、上位2社は強いですね‥‥。

第3のビール「金麦」がヒット。高価格帯ビール「ザ・プレミアム・モルツ」も好調だった。

うむ、強く印象に残っております。

サッポロの敗因は、

サッポロは発泡酒や第3のビールが大きく落ち込んだ。高価格帯ビール「ヱビス」シリーズも前年割れだった。

となっております。

サントリーは値上げを9月に先送りしているということなので、ここから夏場が勝負ですね。

サントリー初の3位…ビール類シェアでサッポロを逆転という記事を見たら、1992年にはキリンのシェアが50%もあったのですね‥‥すごいな‥‥。

■関連記事

サントリー、初の3位浮上!価格据え置き成功!

サントリーのビール事業は一貫して赤字。同社は「順位に一喜一憂せず、少しでも早く黒字化を実現させたい」と説明している。

サントリーがサッポロ抜き初の3位…ビールのシェア

各社が大麦などの原材料価格高騰を受けて2―4月に値上げしたが、サントリーだけは缶商品の値上げを9月に先送りし、低価格志向を強める消費者の支持を得た。

ビール不振…しかし「第三」は売れている

サントリーにシェア3位の座を奪われたサッポロビールは「生活防衛意識が高まっており(サントリーとの)店頭価格の差が、予測以上に影響した」と分析。