「お好み焼館」完成…オタフクソースが記念館という記事より。

広島名物お好み焼きの歴史を学び、作り方もマスターできる情報発信拠点「お好み焼館」の完成を祝う式典が6日、広島市で開かれた。

広島に「Wood Egg お好み焼館」という、お好み焼きの歴史や作り方を学ぶことができる記念館ができています。建設したのは「オタフクソース」です。

ドーム形の5階建てビル2階には、昭和30年代の店を細部まで再現したセットがあり、めんを入れて重ね焼きする広島風お好み焼きの歴史や、甘辛くとろみのあるソース誕生のいきさつがパネルで紹介されている。

かつては関東では「オタフクソース」はあまり馴染みがなかったんですけど、最近では知名度も上がっている気がします。

どうして甘辛くてとろみがあるのか、は気になりますね。

サイトもありました。

2008-06-09_0754.png

素敵な感じの建物ですね。「ウッドエッグ」とネーミングされています。お好み焼き店を開業したい人向けの施設もあります。

お好み焼課が行く」というブログもありました。

2008-06-09_0757.png

オタフクソースには、『お好み焼課』という、部署があります。 お好み焼課は、お好み焼きを広める一環として、全国各地で、まずは“アツアツ出来立てのお好み焼き”を食べていただく活動を行っています。

本当に「お好み焼課」があるんだ!

ブログはグループでポストされているのですが、広島弁だからなのか、非常に味があって面白いです。急に親近感が沸きました。

早速「お好み焼課が行く: 木の卵」というエントリーがありましたよ。

オタフクお好みソース焼そば 1コ入★税込3150円以上で送料無料★

オタフク お好みソース300g 200円

■関連記事

目指せ、広島お好み焼き通…オタフクソースが記念館

家庭用ホットプレートでの上手な焼き方を社員がアドバイスする教室や、店の開業を目指す人に技術や経営ノウハウを指南する研修センターもある。

オタフクソース、広島に「お好み焼館」

卵形の5階建てビル2階に昭和30年代のお店を再現。のれんをくぐると、めんを入れて重ね焼きする広島風お好み焼きの歴史や、甘辛くとろみのあるソース誕生のいきさつがパネルで紹介されている。