第3のビールが好調という記事より。

ビール酒造組合などが15日発表したビール類の4月の出荷量は、前年同月比5・0%減の3811万ケース(1ケースは大瓶20本分)となった。ビールと発泡酒が前年割れだったものの、最も低価格な「第3のビール」は販売好調だった。

2〜4月に値上げがあったので、低価格商品の需要が伸びたと分析されています。

ビールは11・3%減、発泡酒も2・5%減だったが、第3のビールは9・3%増えた。

ここぞという時は、プレミアムビールを飲んだりもしますが、自宅で晩酌で飲むには、やはり安い方が優しいですね、家計に。

「第3のビール」といっても、最近は美味しいものが多いですからね。

個人的には最近、普通のビールは味が濃く感じられて、食事をしながら飲むには発泡酒や「第3のビール」の方がいいかな、と思うようにもなってきました。

「のどごし〈生〉」(キリンビール)、「クリアアサヒ」(アサヒビール)、「金麦」(サントリー)などの第3のビールが好調だった。

けっこう「円熟」とか美味しくないですか?

2ケース買いだとキリン円熟350mlが3本分(760円)お得です!1ケース:3400円【送料無料】【お得2...