渦中の「吉兆」ランク外...ミシュラン全店リストだという記事があったので、これをもとにネットでのクチコミ情報を調べてみようと思ったら「食べログ.com」がタイムリーなコンテンツを立ち上げていました。

ミシュランガイド東京2008年/3つ星のレストラン

Michelin Tabelog1

もちろん、

ミシュランガイド東京2008年/2つ星のレストラン
ミシュランガイド東京2008年/1つ星のレストラン

もあります。

「三つ星」のお店だからといって、必ずしも口コミ情報での評価が高いとは限らないのが興味深いです。

すきやばし次郎 3.39
かんだ 3.01

むしろこういう数字を見てしまうと、候補から外してしまいそうですね。「だけどミシュランガイドに載っているから」という理由で行くことはありそうですが。

もちろん高い評価をしている人もいますから、そのあたりは好みによってしまうという、とても当たり前の結論を出してしまって恐縮です。

ちなみにミシュランガイド東京 2008というエントリーでも紹介しましたが「その地をドライブする人が快適に過ごすために」作られたガイドブックなのですよね。

さらに星がつく基準も見てみると‥‥

(1)素材の鮮度と品質
(2)調理技術の高さと味付けの完成度
(3)オリジナリティ
(4)コストパフォーマンス
(5)常にクオリティを保つ料理全体の一貫性

というポイントに基づいて評価されているそうです。

コストパフォーマンスかー。難しいなー。「三つ星」に選ばれている店の予算は、ほとんど3万円前後という感じですからね。

こういう基準で自分で選ぶとしたら、個人的には「埼玉屋」に「三つ星」をつけたいですが‥‥。

でもドライブしている時にゆっくりと身体と気持ちを落ち着かせながら食事する、ということを考えると、やっぱりそれなりのお店になるということなんでしょうか。

あ、記事には次のように説明されていました。

ミシュランの星の意味は、一つ星が「そのカテゴリーで特においしい料理」、二つ星は「遠回りしてでも訪れる価値があるすばらしい料理」、そして三つ星は「そのために旅行する価値がある卓越した料理」。

もはや「三つ星」は旅の目的地でしたか。

最後に予算1万円で行けそうなお店をピックアップしておきます。

■三つ星

該当なし

■二つ星

つきじ植むら 築地本店 3.25

■一つ星

三亀 3.78
ラ・ターブル・ドゥ・ジョエル・ロブション 3.65
御田町 桃の木 3.56
フランス料理 ラノー・ドール 3.33
けやき坂 3.20
日本料理 花山椒 2.95

ちなみに星付きレストランは150店舗だそうです。

一通りポイントも見ましたけど、3.5前後でまとまっている感じで、やっぱり好きな人もいればそうでない人もいる、そんな当たり前のことを思ってしまいました。

例えばホルモン好きだったら、やっぱりホルモン好きブロガーみたいな自分好みのフィルターとなってくれる人を探すのが良さそうですね。

ミシュランガイド東京 2008 (2008)

ミシュランガイド東京 2008 (2008)

■関連記事

KEIKOの父に手向けの「星2つ」

「2つ星」に選ばれた日本料理店「臼杵(うすき)ふぐ山田屋」(港区西麻布)は、人気音楽ユニット「globe」のKEIKO(35)の家族が経営する店だった。

「ミシュランガイド京都・大阪」関連記事

「ミシュランガイド京都・大阪 2016」ついにミシュランにお好み焼きとたこ焼きが掲載 → ストリートフードとして