朝日新聞の朝刊(2007年9月30日)の「環境ルネサンス」というコーナーで、「フードマイレージ」という指標が紹介されていました。

買い物に行って食材を選ぶとき、何を気にするか。味と値段、安全性が大方の選択基準だろう。これに加え最近、「距離」という指標が注目されている。

遠方から食材を輸送すると、それに伴って二酸化炭素(CO2)が多く輩出されます。

そのため近くで取れたものを食べた方が、二酸化炭素(CO2)の削減ができるということで、「フードマイレージ」という指標が注目されているのだそうです。

フードマイレージ=食料輸送距離、と訳されます。マイレージと聞くと航空会社のポイントを連想してしまいますが、違います。

もともとはイギリスの消費者運動から始まった言葉だそう。

2001年の日本の輸入食料の「フードマイレージ」は約9,000億トンキロで、アメリカと韓国は日本の3割、フランスは1割だそうです。

「想像はしていたが、日本の値は極端に高い」という、専門家の言葉が紹介されています。

なんでもかんでも輸入に頼らず、日本産のものを増やすようにしないと、将来的に食料事情で困ることも出てきそうです。

最近は「地産地消」という言葉も生まれ、産地で食べることが推奨されたりもしています。「フードマイレージ」にも繋がりますが、それにも増して採れたては美味しいですからね。

これまで、食べ物が運ばれてくるまでの輸送距離、それに伴う二酸化炭素(CO2)の輩出というのはあまり考えたことがなかったのですが、そういう視点も含みつつ、食材を選ぶようにもしたいと思います。

さらに詳しく知りたい人は↓もどうぞ。

フードマイレージ - Wikipedia
地産地消 - Wikipedia

「フードマイレージ」「地産地消」のデメリットも紹介されていますので、併せてぜひ。

フード・マイレージ―あなたの食が地球を変える

フード・マイレージ―あなたの食が地球を変える

地産地消マーケティング

地産地消マーケティング