手軽に味わえる伝統食「レンジで干物」の時代にという記事より。

三重県の紀北町商工会などはおよそ2年前、電子レンジで調理できる干物の開発に着手した。今春、トレーに1匹ずつパックした新商品が完成。

ついに魚の干物もレンジでチンする時代に。

ということで、90秒程度で美味しい干物が焼き上がる(?)という商品が完成し、もうじき販売が開始されるのだそうです。

確かに焼き魚は、煙やにおいなどで敬遠されてしまう場合があるかもしれません。とはいえ、それが美味しかったりするのですけどね。

もっと手軽に食べられるのだったら、という人もいるでしょうし、忙しい人にはうってつけかもしれませんね。朝とか、干物が食べたくなるものなぁ。

価格は1匹200〜400円だそうです。干物によってはいい値段もしますし、妥当な価格でしょうか?

調理不要の干物も商品化された。日本水産は昨春、単身赴任の会社員らをターゲットに、酒のつまみとしてアジやホッケの干物缶詰をコンビニエンスストア向けに発売した。

えー、そんな缶詰もあるんだ! 今度、食べてみようっと。