リゾットでシメる本場博多の“新もつ鍋”という記事より。

その結論は、“ソウルフード”として根付いたもつ鍋をそのまま出すのでは既存の店に勝てないということ。そこで独自性の強い「新博多もつ鍋」を編み出した。

福岡市内で3店の焼き鳥店を経営する社長が、2年の歳月をかけて博多のもつ鍋を食べ歩き、その末にたどり着いたのが「新博多もつ鍋」なのだとか。

東京でももつ鍋ブームがありましたが、ぶわっと店ができてぶわっと去りましたよね。結局、一度も口にすることがなかったんです。でも博多の知り合いを尋ねた時に食べることができたのですが、あれは本当にうまいものですよねぇ。

ということで、この「もつ鍋八兵衛」も激しく気になるのですが、特徴はスープとシメの雑炊だそう。

残ったスープにご飯とパルメザンチーズ、パセリ、コショウを加えてリゾット風に仕上げる。

すげぇ、うまそう!!

いいなぁ。いいけど福岡だもんなぁ。おいそれとは食べには行けないなぁ。