スポンサードリンク

牛丼 + カレー = 牛丼カレー

スポンサードリンク

"あいがけ"の幸せを1箱に詰めた、グリコの牛丼カレーという記事より。

牛丼にカレーをかけた「あいがけ」とか「カレー牛」と呼ばれるメニュー。これらは一瞬キワモノかと思われたが、すぐに市場に受け入れられ、今や牛丼チェーン店の定番メニューとなっている。

スポンサードリンク

「カレー牛」を自宅で楽しむことができる「牛丼カレー」が、グリコから発売されるそうです。

実は牛丼屋で「カレー牛」は食べたことなかったのですが、このニュースを見たらがぜん食べたくなってしまいました。うまそうだよ!

2月20日の発売を予定しており、牛丼カレー<並盛>の希望小売価格は236円(税別)、牛丼カレー<大盛>の希望小売価格が332円(税別)となっている。

レトルトカレーとレトルト牛丼がパックされている商品で「カレーは牛丼つゆの甘さと絡んでおいしくなるように少しスパイシー」に仕上げてあるといことです。

食べる、食べるよ!

スポンサードリンク

前へ

優秀な経営者になるのに管理職の経験は必要ない?

次へ

青山剛昌「まじっく快斗 4」