「緑モス」で高級バーガー第3弾「アボカド山葵」発売するという記事より。

新メニューの「アボカド山葵」は「日本の味」にこだわった和テイストのハンバーガー。アボカドの厚切り(1/4個分)をトッピングし、国産丸大豆で作った醤油をベースにした匠味用ソースをかけ、本ワサビのすり下ろしを別に添えて提供するというユニークな一品だ。特に力を入れているのがワサビ。

モスはモスバーガーの業態転換に力を入れているそうです。新業態はカフェ利用も視野に入れた高級業態「緑モス(呼称)」と呼ばれ、既に100店舗を展開しているんだとか。すみません、知りませんでした。8月20日に緑モス限定商品として、高品質バーガー「ニッポンのバーガー 匠味(たくみ)」シリーズの第3弾「アボカド山葵(わさび)」の販売を開始するそうです。なんとお値段、880円! 普段のランチが800円前後ですから、ハンバーガー一個に880円は豪気ですよ。しかし、ぼくは朝からアボカドを丸ごと一個ご飯にどかんと乗せ、醤油をかけてアボカ丼を食べる程のアボカド好き。見かけたら食べずにおられませんね、これは。

「緑モス」は「ファストフードの気軽さを残したまま、カジュアルレストランに匹敵するレベルの味とサービスを提供する」ことを目標としており、「注文を受けてから調理を開始」「できたてを店員がテーブルまで運ぶ」といったスタイルを導入し、低価格路線からの脱出を試みているそうです。

「アボカド山葵」は提供までに時間がかかるため、

・ランチタイムは避け
・午後2時以降の販売
・販売個数は1店当たり1日10個

と、なかなかに幻のメニュー振りを発揮してくれています。ますます食べたくなる(笑)