「ババヘラ」に根強い人気 名物アイス、HPや通販もというニュース。

ババヘラとはイチゴ味とバナナ味のアイスをコーンに盛った秋田名物。「ババ(おばあさん)」がヘラで盛りつけるところから、地元の高校生らが10数年前に名付けたらしい。

種明かしをされれば「なるほど」というネーミングですが、「ババヘラ」単体で聞くとさっぱり意味不明です。しかし、親近感が湧くネーミングです。

「ババヘラいらねがー」「ねっちゃん買ってけれー」。秋田県の国道沿いやイベント会場。カラフルなパラソルの下、おばあさんの声が響く。

国道沿いでアイスを売っているのは沖縄にも通じるものがありますね。沖縄は暑いから道すがらアイスを買ってもおかしくないですが、秋田も夏はかなり暑いものなのでしょうか。東北だから涼しげ、という思いこみだけで書いています。すいません。

2002年に「ババヘラ」の登録商標を取った進藤冷菓(同県若美町)によると、業者は県内に計6社。6社の「ババ」は以前より増えて計170人ぐらいという。同社では60-70代が多く、80代も5人いる。

東京進出も検討しているそうで、どこに登場するか楽しみですね。通販もいいけど、やっぱり「ババ」から買ってみたい。

ババヘラ・アイス