「東京の旗艦店メニューは毎日食べても飽きない豚」、平田牧場・新田社長という記事より。

結果、「平牧三元豚(ひらぼくさんげんとん)」や「平牧桃園豚(ひらぼくとうえんぶた)」といった、多くの飲食店や小売店がその品質の高さを認めるブランド豚が誕生し、現在では年間20万頭もの豚を育てる日本有数の養豚会社に成長した。

平田牧場という名前は漠然と耳に残っていたのですが、平牧三元豚や平牧桃園豚といった、ブランド豚を生産しているということが今、この記事を読んではっきりと分かりました。さらに、COREDO日本橋に直営店が入っているということで、これはもう絶対に行かなくてはならないと思っているところです。

店名はそのものズバリ「平田牧場」。東京に出したトンカツ店は調布に次いで2店目になるが、「歴史ある商業の中心地、日本橋に作ったこの店こそ平田牧場のフラッグシップショップ」という気概が込められている。

最上級は2,500円くらいの特上ロースらしいのですが、いきますよ、ランチで!

昨年10月、酒田の農場では冷暖房完備の最新の豚舎が完成。「ストレスのない環境で穀物中心の安全な飼料を食べながら伸び伸びと育った豚なので、トンカツにして毎日食べても飽きないし、健康にもいい」と嘉七は胸を張る。

ゴクリ‥‥。人間より良い生活してそうです。ゴクリ‥‥。

地元のサッカーチーム、モンテディオ山形のオフィシャルスポンサーになるなど、地域貢献の面でも存在感を増している。

そうか、モンテディオのスポンサーだったんですね。それで見たことがあったんだ。

平田牧場