スーパー・サイズ・ミーという、マクドナルドを一ヶ月食べ続けたドキュメンタリー映画を紹介しましたが、その中で、次のような内容がありました。

モーガンは毎日マクドナルドで食事して何十年にもなる男に取材する。彼は今まで二万個近いビッグマックを食べ続けてきたが、肥満でもなく健康だった。

実は、バーガーが好きでポテトやコーラは飲まない人だったのです。なるほどね。つまり、マクドナルドに行っても、ポテトは食べなければ、健康的という訳です。これを実践している人は多いかもしれません。でも、ポテトは基本的にはセットに含まれているので、注文する時にはどうしたらいいんだろう? と思っていたあなたに朗報。

検索の鉄人関さんのMLでこんなウェブを知りました。

謎のマックプライス徹底研究 真のバリューを解明する

「じゃあ、オレがここでセットを買って、ポテトを捨てた方が安いっていうの?」と言ってみました。 女性店員「そうですね」と苦笑い。

なぜ、セットからポテトを抜いてドリンクとバーガーを注文すると値段が上がってしまうのか? に疑問を抱いた筆者が、マクドナルドのバリューを解明する記事です。

分析がありますので、興味のある方はそちらもご覧頂いて、結論はこちら。

【真の満腹セット】として「例えばこんなの」が提案されています。

「ポテトなぞいらん」という私と同じような方で、「でもお腹は満たしたい」という方向けです。 バリューセットを徹底的に無視することがポイントです。

最近はあまりポテトを食べたいと思わないので、このようなセットにしても良いかもしれません。

●「ハンバーガー単品×2個+ドリンクM」=357円
→ハンバーガーのバリューセット430円より、73円もお得です。

なるほどね。ドリンクだって缶ジュースを買えばもっと安くなるね(笑)

●「ハンバーガー単品×3個+ドリンクM」=441円
→ハンバーガー3個食べても、チーズバーガー1個だけのバリューセットよりも、実は安い。
→ハンバーガー3個を食べ切る気合いのある方向けです。
→腹を空かせた若者クン向けでしょうか。

これでチーズバーガーセットより安いというのも面白いですね。

大変、勉強になりました。