ネタフルブロガーズのみなさんと、日暮里にあるペルシャ&トルコレストラン「ザクロ」に行ってきました。食べきれないという噂でしたが、確かに食べきれなかった。3,000円で料理&飲み放題はかなりお得です。しかも、普段は食べつけない香辛料も新鮮で美味でした。

日暮里駅北口改札を出て左。道なりに3分ほど歩くと谷中銀座の手前のビルにあります。

2解と地下があるのですが、予約する時は地下が良いでしょう。妙にハイテンションの店長(?)がいます。独特の言い回しでお客さんを楽しませてくれます。お楽しみの最初は着替え。

「はい、おじちゃ〜ん。これ来てね〜」「お姉ちゃんはこっちね〜」とキラキラした服を手渡され、その場で着替えさせられます。アルコールも入っていないのに、いきなりザクロワールドに突入です。ちなみに写真は左がサチの奥様は魔境のサチ嬢、右が女OSの上杉女史です。二人とも、なんだか異様にお似合いでした。男性陣はこちら。

幼稚園児のような田中アップルです。ちなみに、おのおの携帯電話でmoblogしながらという、異空間の中でさらに異空間を醸し出してしまいました。

さて、ここの売りはなんといっても、食べきれない程の料理でしょう。何が出てきたのかは説明されてもよく分からなかったのですが、ナンは食べきると次々に出てくるし、長粒米のライスもガンガン出てくるし、おかずの方も「これ食べた〜?」とか聞かれながら次々に登場し、息つく間もなく食べまくる感じです。

「コースには入ってないけど特別ね〜」と言いながら、現地のビールや黒ビールも出してくれました。とにかくサービス精神が旺盛な店長です。

もちろん、鳥やマトンなどの肉料理も美味でした。2,000と3,000円のコースがあり、料理は同じで飲み放題かどうか、が違います。お酒をたしなむ人であれば、3,000円が良いと思います。心置きなく食べて飲み、満たされること請け合いです。

途中、水タバコなども出てきます(コースに入っています)。現地で人気のミックス味だそうで、煙くなく、甘いフルーツガムの味がしました。初体験してしまいました。ちなみに途中、料理以外にもおかしが配られます。

いたれりつくせりのトルコ料理「ザクロ」、また行きたいと思います。ちなみに、本業は雑貨輸入業で、ザクロはサイドビジネスだと言っていました。サイドビジネスでそのテンションかよ! と突っ込みたくなるほど、素晴らしいお店です。ちなみに、行くならば予約していくのが無難だと思います。火、木、金曜はベリーダンスショーがあるそうなので、次回はそれを目当てに行きたいと思います。

女OSの上杉女史は、オカヂマカオリのペンネームで裁判トリセツという裁判本を出されました。当日、持参し、格付け番長サインをしてもらいました。嬉しい!

「記念すべきサイン第一号」と記されています(笑)