和牛と米国産掛け合わせ「コーベビーフ」米で人気上昇だそうです。

米国で「コーベビーフ」が人気を呼んでいる。と言っても、日本の「神戸ビーフ」とは違い、和牛と米国の肉牛を掛け合わせた米国産だ。大手牧場では昨年の売り上げは2倍以上に急増。

これもまたBSEの影響です。サンフランシスコのとあるカフェでは「出した日は必ず売り切れる」そうです。常連客のサンフランシスコ市長は「あると聞いたら注文せずにいられない」だって(笑) アメリカ人は脂がのった肉は食べないのかと思ったんですが、実はそういう肉がなかっただけ? うまい肉は世界共通かもしれないということでいいですか?

この「コーベビーフ」を日本に輸出してはどうかと思ったんですが「年間2000―3000頭しか生産できず、国内市場で手一杯」だそうです。残念。

ちなみに、NBAのコービー・ブライアントは、親父さんが神戸牛のうまさに感動して「KOBE」って名付けられたってトリビア?